こんにちは!

今日訪れたのは、西条市商店街のど真ん中に2018年末にオープンした「名水うどん つ麦」さんです。

入店する前に集めた事前情報では「さぬきうどん」、「名水を使っている」、「店長はうどんの本場さぬきからやってきた。」とのこと。

名水「うちぬき」でしめたさぬきうどんのコシを楽しみたい...!

※「うちぬき」についての説明はこちらの記事で。

西条市にはミシュランも認めた「西條そば 甲」さんや、「蕎亭 はる」さんなど「蕎麦×名水」のコラボは聞くものの、

お隣の香川県の特産品である「うどん×名水」のコラボといえばこれ!ってのがあればいいのにな...。と思っていた矢先での出店です。

おそまきながら潜入してみたいと思います!!

はい。到着です。

入口には「名水うどん」の文字が...。

「西条×香川」、「名水×さぬきうどん」のコラボを味わってこようと思います。

写真のメニューは一部ですが、結構豊富!

この中から今回は「とり天うどん」(680円)を注文です。

待つこと10分程度...!うどんの到着です。

見た目からもサクッと音がしそうな天ぷらと、お待ちかねの「名水うどん」の到着です!!

いただきます!

一口、口に入れると…

やや細麺の麺優しいいりこの出汁の味わい。

ほどよい柔らかめの食感

癖のない味は毎日食べたくなる仕様にチューニングされております。

そして、うどんに勝るとも劣らないインパクトを与えてくれたのが、こちらの「とり天」!

噛んだ瞬間サクッと口の中で子気味いい音を立てる、揚げたてサクサクの食感とほどよい塩加減がうどんのお供として最高でした。

毎日食べたい仕様にまでチューニングされているのは、さすが讃岐から持ち込まれた「うどん文化」を継承するお店といった印象です。

これから、西条市の名水とともに新たなうどん文化をここで作っていってほしいなという一市民の感想でした。

みなさんもぜひ、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事