グルメ半端ないって! 八幡浜市の“黒い商店街”で食べ歩き三昧【後編】

こんにちは。
ここのところ、KITONARUの新しいライターさんたちの記事が上がってくるようになりました。
いろいろな視点で面白い記事ばかりですので、ここは1年以上書いている身としては負けていられないですね!
そんなわけで、愛媛の一番東、四国中央市の菊池が今週も水曜日の記事をお届けします。

今回の記事は前回の記事の続きです。
なもので、前回の記事を読んでいない方はまずそちらをご覧ください。

“黒い商店街”周辺にあるよ!夜の八幡浜のお店をハシゴして食べ歩くのはこんなにも楽しい!【前編】

読んだ?
では続きです。

「EYE WALL」さんで焼きチャンポンを、「POLPO」さんで利きビールを、「くいもんや305」さんで皮ちくわを堪能した菊池と編集長。

なかなか信じてもらえないのですが、菊池は見た目の割に食が 細い そこまで太くないので割と満腹気味になっていました。
しかし、夜の八幡浜は菊池にまだまだ美味い食事で襲いかかってきます。

DSC_2150

次なるお店は「酉屋 りょう吉」さんです。
ここに来て初の複数店舗を展開しているお店です。

そうなんです、八幡浜市の“黒い商店街”の飲食店って極端にチェーン店が少ないのです。
その代わりに、長いことやっているお店が多いのだそうです。
これはきっと、子どもの頃から通ってたお店の味が、自分にとって一番美味しい味になっているからなんじゃなかろうかと、勝手に分析しています。

菊池の独自考察はさておき、早速入店です。
メニューはこんな感じ。

DSC_2154

ちょっと画像からは読みにくいですが、りょう吉さんは毎日店舗で串刺しをしているそうです。
焼き鳥のお店は、お店で串打ちをしているかどうかで味が大きく変わるのは、最近けっこう有名な話になってきましたのでご存じの方も多いかと思います。
これは期待ができそう。

よーし注文お願いしますー。

(中略)

お待たせしましたー。

ドン!

DSC_2158

焼き鳥じゃないんかーーーい!

黒い玉子焼きを注文しました。
黒い商店街の黒いメニューですから。

チェーン展開しているお店でも、こうやってその地域独自のメニューが出てくるというのはうれしいですね。
同じチェーン店でも大手ファミリーレストランとかではなかなか難しいことです。

DSC_2161

美味い!

どう美味いのかって?
自分で注文して食べてくれ!

若干食レポの本質を放棄している気もしますが、続いてのメニューが到着。

DSC_2165

まあ、もちろん串も頼みましたよね。

「お任せで10本。苦手なものはないです」と注文したのですが、見事に2本ずつ用意してくれました。
こちらが二人なのを見越して気を使ってくれたようです。やったぜ。

もちろん、毎日串打ちしているだけあって柔らかくてジューシー。

DSC_2166

一人5本なんてあっという間に食べられちゃいますね!
これまでの経緯で、割とお腹パンパンですけど……。

 

そして、次の店へ行こうとしたときの編集長の口元、「アレは悪巧みしている人のやつ」を見逃す菊池ではありません!
これは何かすごいモノが(今までも十分すごかったけども!)来るぞ……!

ラストのお店はこちらの「うどん静香」さんへ行きました。

DSC_2169

八幡浜在住のあなた!
あーっと分かった人もいるんじゃないでしょうか!

前回の記事の最後に、シメのメニューで「ダブル○○○○ー○○○」を食べたと書きました。
それがこのお店です。

まずはメニューを見てみましょう。

DSC_2170

オーソドックスなうどん屋さんのようです。
「ぐうどん」が若干気になりますが……。

裏面はこちら。
こちらは丼ものや飲み物、定食なんかです。

DSC_2171

お値段も手軽ですのでシメにはちょうどいいサイズなのでしょう。
きっと!

注文を取りに来てくれたおばちゃんに、編集長は言いました。

「こちら(菊池)にダブルカツカレーうどん。ぼくはふつうのカレーうどんで」
「はーい」

メニューにないよね?そういうのさ。

あと、おばちゃんも何事もなく注文受けるのかよ!!

さっそくカツを揚げているであろう油の音が厨房から響いてきます。
若干の戸惑いを受けつつも覚悟して待つこと数分。

着ダブルカツカレーうどん!

DSC_2175

編集長さ、これ食べるなら最初からここに来よう?
もしくは、一食一善記事の取材で行ったEYE WALLさんのあとに直行してよかったんじゃない?

こちらが編集長のカレーうどんです。

DSC_2173

わかる。
これはまだシメの一品としてわかる。

もう一度見る?
ダブルカツカレーうどん。

DSC_2174

すごいよね。
カレーうどんの上に揚げたてのカツが2枚も乗ってるんだもの。

気付いてないかもしれないですけど、すごい力を持っているメニューですよこれ。

せっかくのメニューに載ってないスペシャルメニューだし、はやく食べようじゃないか。

いただきます!

え?

めっちゃ……。

美味い!!!

冗談抜きでこれまで食べたダブルカツカレーうどんの中で菊池史上最高に美味い!!

まずカレーうどんですが、非常にとろみのあるつゆです。
もはや、これがつゆなのかどうかも分からないくらいにとろっとろ。
カレーあんかけうどんといっても過言ではない!

DSC_2177

そしてカツ。
ちょっと厚めの衣なので、あんかけをしっかりまとってもサックサク。
そして肉汁はたっぷりと衣の中にとどまっています。

DSC_2176

しかもそのカツが6切れ×2枚も!!

これは至高にして究極のメニューではないでしょうか。

ああ、しかし胃袋が……!

頑張ってくれ胃袋!今だけでいいんだ!!
もうちょっと大きくなってくれ!!!

このめっちゃ美味いダブルカツカレーうどんを全部食べたいんや……!!!

ま、美味しいモノは別腹でしたけどね。

DSC_2179

ごちそうさまでした。

こうして、編集長オススメの店のはしごは終了したのでした。

帰りがてら「今度はここと、ここと、ここのお店も行きましょうね」という編集長の笑顔が素敵でした。

八幡浜、半端ねえぜ。

そして翌日。
大島で島カレーを食べるために船に乗るところから、別のお話は始まります。

【一食一善プロジェクト2018協賛店紹介】八幡浜市の離島にある「大島テラス」で食べた「島カレー」が超最高のコスパだった!

この記事の最後に

さて、カレーに大満足した菊池は、せっかくだしと帰りの船を一便見送って大島観光をすることにしました。
でもそれはまた別の記事で。

と書きましたので、来週はこの記事をお届けしたいと思います。

お楽しみに!

 

○酉屋 りょう吉 八幡浜店
住所:八幡浜市1440-6
電話番号:0894-20-8310
営業時間:18:00~26:00(日曜定休)

○うどん静香
住所:八幡浜市1461-10
電話番号:0894-22-1271
営業時間:12:00~25:00

菊池睦

宮崎県で生まれ、埼玉県で育ち、石川県で学生時代を過ごし、東京都で社会人を送っていたある日、巡り廻って四国中央市富郷町に移住。いまんとこ「菊池商店 巡り廻る」の店主なんかもやってます。