はい、こんにちは。

今日訪れたのは、西条市にある「いとう食堂」。

もうコアなKITONARUファンのみなさんならご存知かもしれませんが、河原津店は西条市の誇るかつ丼の名店「ごかく」の二号店です。しかし、最近「いとう食堂」へと店名変更が行われおり、真相を確かめるべく急遽訪れた次第です。

まなべ
あの食の文化遺産が食べられなくなっているのか…
実はこちらのお店は、カウンター席に加えて
このように家族でも座れる席があるのが特徴ですね。
では、メニューはどうなのか。
ありました!!かつ丼の二文字!!しかも、「ごかく本店」と同じ値段です。
ということは、おそらく同じかつ丼!?いや、しかし店舗名が変わるということは…
味自体も全く変わっているかもしれない...。
油断せず今回はかつ丼の「ダブルエッグ」(750円)を注文です。
実は、裏面のメニューの「とんかつうどん」(800円)にも後髪を引かれる思いでした....。
待つこと10分程度。
おまちかね…「ダブルエッグ」が到着です。香りは以前と全く変わりなく、あの「ごかく」の香ばしくてほんのり甘い「かつ丼」の出汁の香りがします。
この衣に出汁がしっかりと染みたかつ丼は、見た目も本店のものそのものといった感想です。
もう真相を確かめるには実食しかありません。
一口食べると食べなれた老舗の美味いかつ丼の味が口いっぱいに広がりました。
あのところどころさっくり感を残しつつ、衣までしっかり香ばしい出汁をしみ込ませたこのカツの食感。
そして、かねがねごかくのかつ丼を表現する際に「濃厚な味付け」という表現を使っていましたが、
むしろ、あっさりとした味付けにしっかりとした出汁の旨味がのっているといった印象でしょうか。
少し表現を改めたいと思います。
なにはともあれ、名前は変われど、老舗の味が文化遺産のように残っており大変安心しました。
また、これから訪れようと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事