こんにちは。火曜日担当もとい、モンベルクラブ・プレミアム ゴールドカード会員のwadanyです。

本日は、2019年7月1日にオープンしたばかりの「モンベル アウトドアオアシス石鎚」をご紹介します。

wadany

ついに、私が待ち望んでた店がオープン!

2017年9月に西条市とモンベルが包括連携協定を締結した時から、いつかできるのでは?
と期待していたんですが、ついに!!

そもそもモンベル(mont-bell)とは?

1975年創業、大阪に本拠地を置く、アウトドア総合メーカーです。

アウトドア総合メーカーというところがミソでウェアやカバン、などに留まらずキャンプ用品、カヤックなどなど幅広ーく製作しています。

日本の気候や日本人の体形に合わせた製品作りも魅力の一つです。

(写真はモンベル アウトドアオアシス石鎚)

wadany
あと、ウェアに関して言えば、
他の有名どころメーカー比べて(同じ機能を持ったもので)価格が大体5,000~10,000円安いです。
その分、シンプルなデザインが多いですが、好みかな。
ライトユーザーから、ハードユーザーにも満足できるウェアを取り揃えています。低価格高品質!

 

製品づくりの他にも、

モンベル独自で、登山ツアーやカヌー教室やアウトドアイベントの開催(モンベル・アウトドア・チャレンジ)。

自然保護活動や福祉活動、災害支援活動などなどの社会貢献も行っているのも魅力ですね。

と魅力を挙げると、ときりがないので、詳しくはモンベルのHPみてね。

モンベル アウトドアオアシス石鎚に行ってみた

という訳で、2019年7月1日(オープン日)に行ってみました。高速からも行けますし、一般道からも行くことができます。

後で書きますが、キャンプ場利用の人は一般道で来た方がいいです。

引用:モンベルHPより

お店でかい!!

営業時間は10:00~19:00(ビジターセンターは10:00~18:00)。

中はこんな感じになっています。

2階まであり、ショップだけではなく、クライミングもできるみたいです。

入ってすぐに受付カウンター(ビジターセンター)。

ここで、キャンプ場利用受付、クライミング体験受付などの案内をしてくれます。

1階にはクライミングウォール(有料)。

面白そう!!今回はできなかったけど、次回はトライしたい。(興奮で写真ブレちゃいました)
インストラクターさんがついているので、初心者でも安全ですね。

そして男女兼用ウェア・ギア

ここだけの限定の石鎚山デザインのTシャツありました。これは買うっきゃない!

2階はカヌーやカヤック、テントの展示

女性・子ども用ウェア・ギア、クッカーなども

バックも充実!

イスの展示も!これは座り比べられるのでいいですね。

アウトドア用の食料品。

ウォータースポーツ用品も種類多く出してますね!

それもそのはず!5万2千点の品揃えだそうです!

モンベルの外の施設① 椿交流館 椿温泉こまつ

「モンベル アウトドアオアシス石鎚」の隣に「椿交流館 椿温泉こまつ」があります。(左奥)

温泉に入るのも良いですが、景色を眺めながら足湯(無料)も良いですね。

温泉は黄金色の「低張性アルカリ性低温泉」。

値段は、大人(中学生以上)400円、小人(3歳以上小学生以下)200円、65歳以上300円。
クライミング、キャンプしたときに利用したいですね。

カフェレストラン「シャラ」

wadany
ちなみにですが、モンベル会員なら食事時に、コーヒー1杯無料です!

 

モンベル外の施設② オアシス市場

モンベル アウトドアオアシス石鎚のこれまた隣に「オアシス市場」があります。
営業時間は【4~9月】9:00~18:00【10~3月】9:00~17:30

地域の特産品を販売しています。

その日の朝に収穫した採れたて野菜や果物。

豚肉も!キャンプするときにはここで特産物買ってキャンプ飯!と妄想が膨らみますね。

その他にお惣菜や工芸品。

カフェ施設があります。

wadany
特産品見ているだけでワクワクしてきますね。

 

その他の施設

〇イベント広場
物産イベントや音楽フェスなど行える30000㎡の芝生広場。かなり広い!
しかも、15,000/1日、7,500/日で借りられる。

〇遊具
子どもは大喜びしそう。遊ぶものを持ってくれば、イベント広場でも遊べるし、子供連れの人は良さそう。

〇キャンプ場(フリーサイト・フリーサイト)
最初の方に出てきたビジターセンターで受け付けできます。利用について詳しくはコチラ
キャンプ場利用する人は、荷物移動や各施設移動もあるので一般道から来た方がいいですね。
(高速で松山方面、香川方面から来た人は、いよ小松ICで降りたらいいかな)

キャンプ道具の貸し出しもしています。モンベル製のものが使用できるので、使用してみて良かったら購入っていう事もできますね。
※焚き火台・BBQコンロはモンベル製ではないそうです。

フリーサイト 10区画
日帰り 500円、一泊1000円 AC電源が場内に3か所あり。
平面になっていないところが多そうなので、テント設置場所は良く考えないといけないかも。

オートサイト 10区画
日帰り 1000円、一泊2000円 AC電源はそれぞれのサイトに1つ付いてます。
フリーサイトとは違ってトイレ、炊事場付きです。

wadany

AC電源もあって、オート・フリーサイトの価格は安い方だと思います。

キャンプ場関連で個人的に今後に期待したいのは、
①どっちのサイトも街並みが見えづらいので、街並みが見えるように整備して欲しい。

→昼間の風景もそうですが、夜景も綺麗そうなので

②レンタルの品の種類が少ないので、増やして欲しい。

→テントもソロ用とか、マットもエアマットとか。これは後々増えるかもとのこと!

モンベル自体が、キャンプ場と関わっている事例が少ないそうなので、今後に大いに期待です!

wadany
あと、登山向きの話をすると、営業時間を早めて欲しいです。
お店に寄って、石鎚山へ(山にもよりますが)~となった場合に、10:00開店では遅い気がします。
(多分、下山した時には辺りは真っ暗)
鳥取の大山店では4月下旬~11月土日祝の営業時間を8:00開店にしています。(それ以外は10:00開店)
実際に行った時に大山の情報やギアの補充で助けられました。
後々、季節限定で9:00開店とかにしてくれたら、県外からの登山客にもいいのではと個人的に思います。

 

紹介することが多すぎてザっとした紹介になりましたが、施設の規模が大きいし、隣接する施設も良さそうだし、今後大いに発展する気がします。

後日、クライミング施設やキャンプ場を利用して紹介したいと思います。

近くに来た際にはぜひ行ってみてくださいね!

 

「モンベル アウトドアオアシス石鎚」

住所:西条市小松町新屋敷乙22番地29

電話:0898-76-3111

各営業時間についてはHPで

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事