こんにちは。
今年は雨が少なくどうなることやと思っていましたが、ようやく梅雨入りしましたね。
雨とあじさいの名コンビが見られる四国中央市富郷町在住の菊池が、今週も水曜日の記事をお届けします。

さて、そんな梅雨入り前のある日、菊池は朝から松山市にいました。
前日に会合があってそのまま懇親会という流れだったので、一泊して帰るだけだったのですが、急にそのまま帰るのが惜しくなってしまい「よっしゃ観光だ!」となったわけです。

とはいえ、月に2~3回、多いときは週に2回とかは訪れる松山。
今更どこに行こうかと思いましたが、ここは原点回帰と一番ポピュラーな観光地へ行くことにしました。

松山の観光地といえば道後温泉と松山城ですよね。
今回は天気もいい日だったので松山城へ。

さっそく大街道からロープウェイ乗り場へ。
ちなみに、この途中に四国中央市の人気お土産である「霧の森大福」が食べられる霧の森工房の松山支店もありますよ。

ロープウェイ乗り場へ着いたらチケットを購入。
今回はロープウェイ往復と天守閣の観覧券のセットを買いました。

それでは早速山麓駅から乗車しましょう。
ちなみに山麓駅の名前は「東雲口駅」(しののめぐち)といいます。

同じチケットでロープウェイではなくて隣のリフトに乗ることもできるよ。
ロープウェイは発車時間が決まっているけど3分で到着。リフトは随時運行だけど6分くらいかかる!
雨の日や小さいお子さんがいる人などはロープウェイを、天気のいい日にのんびり行きたい気分の時はリフトを選ぶなどしよう。

今回は天気も良かったのでリフトをチョイス。
チケットを買うときではなく、乗車直前で選べるのもうれしいですね。

あっというまに山頂駅に到着。
山頂駅は長者ヶ平駅といいます。

到着直前にはロープウェイともすれ違いました。

そこから歩いて登ること約10分。
松山の街を一望できる松山城の本丸へ到着です。

松山城に関するあれこれは現地へ行けば看板でとっても親切に紹介されていますので、現地でぜひご覧ください。

さて、この本丸を少し進むと天守閣があります。
この天守閣の手前までは無料ゾーン。

コンパクトに観光したいときなどはここまででいいでしょう。
しかし、やはり現存天守のひとつですから、時間をかけてじっくり天守閣見学は一度はしてもらいたい!

こんな迫力ある構図の写真とか。

こんな感じの景観とか。

もちろん海も見えます。

天守閣がどんな感じになっているのかは、どうぞご自身でご覧ください。
だいたい1時間くらいでぐるっと見て回れますが、人力で作られたとはとても思えない建築物を見ることができると思います。

ちなみに、本丸にあるお茶屋さん(休憩所)では、みかんジュースの出る蛇口もあったりします。

遠方から来た友人を案内することももしかしたらあるかもしれません。
その前に一度観に行っておくことをオススメします。

○松山城 ロープウェイ乗り場
住所:松山市大街道3-2-46
営業時間:8:30~18:00(季節のよって営業時間が変更されます)

※天守閣の観覧時間はロープウェイ営業開始の30分後から営業終了の30分前までです。
※リフトの営業時間は通年で17時までです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事