「えひめ」といったら、やっぱり「みかん」!もしくは、「道後温泉」ですよね。

photo_top
※出典 https://dogo.jp/onsen/honkan

生まれ育った名古屋は温泉があまりなかったので、私にとっては、温泉と聞けば、ワクワク!当然のように温泉を楽しみにしています。
なので、愛媛県に住んでいて松山および道後温泉があることは、かなり嬉しい!!

しかし、驚くことに温泉のある地域で生まれ育つと、あまりにも身近に温泉がありすぎて、温泉にはほとんど行かない。
もしくは全く行かない…人も多いらしい...

とはいっても、温泉大好きな人は、毎日のように温泉に通っているようですね。
今回は、私が愛媛に来てから行った道後温泉3湯についてまとめてみます。

「道後温泉」と調べると、たくさん検索がヒットしますが、道後温泉で、日帰りで来たとすると、この3つはおさえておきたいですね。

① 道後温泉本館
② 道後温泉別館 椿の湯
③ 道後温泉別館 飛鳥乃湯泉

この3つの温泉について、「おもむき度」「快適度」「おすすめ度」という指標で私なりにみなさんにご紹介したいと思います。

 

① 道後温泉本館
愛媛県松山市の道後温泉の中心にある温泉共同浴場。
重要文化財であり道後温泉を象徴する建築物ですし、街のシンボル的存在です。

photo_kaminoyu
※出典 https://dogo.jp/onsen/honkan

一番古い建築物は、120年以上前に建築されており、映画「千と千尋の神隠し」に登場するお湯屋を彷彿とさせる荘厳さ。
外観もそうですが、中に入ると、より趣深く、まるで「かまじい」や「湯婆婆」が働いていそうな感じ。
商店街のそば、駅ちかという立地にあり、いついっても観光客や外国人で賑わっているんですよね。

そんな道後温泉本館のわたしの評価はこんな感じです。

「おもむき度」:★★★★★
「快適度」:★★☆☆☆
「おすすめ度」:★★★★☆

前文の説明で、述べずにはいられない程に風情溢れる形容できないほど。
あの雰囲気は、「おもむき度」★MAXとしかいいようがないですね。
是非、一度は行ってみてください!!!

photo_kami02
※出典 https://dogo.jp/onsen/honkan

続いて「快適度」は、★2つ。
理由は2つ。
ひとつは、古く趣深いゆえに、脱衣所も浴槽も少し狭く感じられること。
ふたつは、人気温泉ゆえに、利用客がたくさんいること。

温泉でゆっくりするという感じではない。気がします。

もちろん空いているへ平日や時間帯にいけば、もう少し快適度は上がると思われます。

総じて、わたしの「おすすめ度」は★4つ。
観光客やはじめて道後を訪れる人は、まず行った方がいいです。そういう人には、オススメ!
ゆっくり湯船に浸かりたいという人は、もっと穴場的なスポットを狙った方がいいですね。

 

② 道後温泉別館 椿の湯

1953年「第8回国体」が四国各県で開催されたときに建設されたらしく、2017年12月26日にリニューアルオープンしたので、まだピカピカな温泉ですね!

photo_otoko01
※出典 https://www.dogo.or.jp/pc/time/#tsubaki

「おもむき度」:★★★☆☆
「快適度」:★★★★☆
「おすすめ度」:★★★★★

「おもむき度」に関しては、確実に本館と比べると劣ります。
建物、脱衣所などは、新築であるだけあって、かなりきれい。
浴場は、昔のおもむきがほとんど残った温泉で、本館と変わらずおもむき深さ。
そのため★3つ。

施設がきれいであること。
本館に比べると、お客さんが少ないこと。
湯上がりに玄関でテレビをのんびり観ることも出来ること。
これらから「快適度」★4つ!!

総じて、「おすすめ度」は★MAX。
個人的には、イチオシ。というか一番利用している場所。

理由は、おもむき深さも残しつつ、ゆっくり湯船にも浸かることができること。
これは温泉においてかなり重要なポイントだと思います!

photo_otoko02
※出典 https://www.dogo.or.jp/pc/time/#tsubaki

 

③ 道後温泉別館 飛鳥乃湯泉

photo_design01
※出典 https://dogo.jp/onsen/asuka

資生堂と連携して作られた温泉らしいです。
「愛媛県の伝統工芸」と「最先端のアート」をコラボレーションした作品で演出し、独自の「温泉の癒し」を提供しています。

温泉は、もう湯に浸かるだけでなく、伝統工芸やアートとが融合して、新たな癒しを楽しむ温泉が流行しています!!

photo_craftsman
※出典 https://dogo.jp/onsen/asuka

「おもむき度」:★★☆☆☆
「快適度」:★★★★★
「おすすめ度」:★★★☆☆

正直、歴史的なおもむき深さはあまり感じません。
まさに都会のスーパー銭湯のようにエンターテインメント性は少ないですが、普通に綺麗な現代の温泉って感じ。

「おもむき度」には★が少ないですが、代わりに「快適度」は★MAX!!

工芸とアートと温泉が創り出す癒し空間
プロジェクトマッピングもやっている内風呂
空を見上げられる開放的な露天風呂
唯一シャンプーやボディソープなどアメニティが入浴料に含まれており、手ぶらでいけるもの快適に利用することが出来ます(タオルは別料金、または持参)。

総じて、「おすすめ度」は★3つ。
というのも、観光客やはじめて道後を訪れる人は、わざわざここを選ぶ必要はないのかもしれません。

快適度こそ、一番重要だ!という方には、当然オススメですが。

 

これらは、道後温泉に来たら立ち寄りたい温泉3つかと思います。

しかしこの3つ以外にも、ホテルや旅館の温泉に日帰りで利用することも可能なので、今後も体験して、皆さんにご紹介したいと思います。

 

「快適にゆっくり出来るかどうか」が私にとって重要な要素でありますが、皆さんにとって重要な要素とはなんでしょうか。

「おもむき」や「施設の使いやすさ」でしょうか、それとも「温泉の質」でしょうか?

それぞれ大切にしている要素に合った、お気に入りに温泉が見つけてみてくださいね。

 

【道後温泉に来たら立ち寄りたい3つの温泉】

① 道後温泉本館

② 道後温泉別館 椿の湯

③ 道後温泉別館 飛鳥乃湯泉

※写真引用:道後温泉公式ホームページ(https://dogo.jp/)より写真を引用させていただきました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事