ツーリングのお供に! 鬼北町のカフェ「ON&OFF」でたっぷりサイズの「オムライス」をガッツリいただいてきた!

こんにちは、旅する食事家の菊池です。

例えばあなたが車に乗って遠くへ行くとします。
それをただの移動と捉えるか、それとも旅そのものであると捉えるか。
やっていることは同じでも、わくわく感は違うはずです。

そんな旅をひとつ上のステージへあげる方法の一つが美味しい食事であることは、これまでもお伝えしてきているとおりです。

今日の記事は先週の続きです。

・道の駅「なかやま」が伊予市中山町に新オープン!そば食堂「こねこね亭」で絶品手打ちそばを堪能してきた!

伊予市中山町の道の駅「なかやま」で美味しいそばを食べた菊池は、一路宇和島市へ。
そこで所用を済ませてから帰路につきます。

この日、菊池は自宅のある四国中央市から西へ進路を取り松山市へ。
そのまま南下して「なかやま」に立ち寄り宇和島市へ行きました。

往路と復路が同じでは面白くない。

そこで、帰りは宇和島市からまず東へ向かいました。
鬼北町を抜け、高知県檮原町へ、そして再び愛媛県の久万高原町を経由して、再度高知県へ入り、大豊町から高速道路で北上というルートです。
ホントは本山町から直接四国中央市の富郷町へ行けるのですが、日も落ちた山道だったのでやめときました…。

さて、前置きが長くなりました。

今回は鬼北町に住む友人に、その道中で食事をしたい旨を伝えたところ教えてくれたお店「ON&OFF」さんのご紹介です。

それでは毎週恒例、水曜日は四国中央市の菊池がお届けします。

DSC_0324

着きました!!

「ON&OFF」さんは、国道320号線沿いにあるお店で、サイクルオアシスも兼ねています。
先んじて聞いていた話では、バイクのライダーたちの立ち寄りスポットとしても有名だそうです。

お店の前にはマスターのイラストボードが設置されています。

DSC_0332

わかる。
ここ絶対楽しいお店やで。

着席してメニューを開いたら最初のページはオムライスでした。
ということは、オムライスがオススメのはず。

サイズもいろいろありましたが、ちょうどお腹もすいていたので一番でっかいやつを注文。
さらに唐揚げ(3個)もトッピングしてみました。

ちょうどアイドルタイムだったこともあって、忙しくなかったのでしょう。
オーナーといろいろとお話をさせてもらいました。

なんでも、オーナーがバイクのライダーで休みの日にはお店を閉めて仲間とツーリングに行ったりするのだとか。
いいですね!

菊池も若かりし頃はライダーだったのでその気持ちわかります。
話をしているとまたバイクにも乗りたくなってきてしまうから不思議なものです。

そうこうしているうちに着皿。

DSC_0325

でかい。

相対的なものがないのでわかりにくいでしょうか。
ちょっと引いてみます。

DSC_0326
でかい。

唐揚げ3個って書いてありました。
確かに3個ですけども、明らかに普通の唐揚げ2~3個分の肉塊です。

3~4個使っているらしい卵の下はチキンライスで、食べかけの写真で恐縮ですが見てください、この厚さ。

DSC_0328

ティースプーンじゃないんですよ、これ。

しかし、飽きが来ないおいしさで、時折サラダと唐揚げにスイッチしながら食べます。

DSC_0327

うまい!

食べていればあっという間に完食。

ゆっくり休憩して、ガッツリ走る。
そんなオンとオフを切り替えられるお店でした。
ごちそうさまでした。

DSC_0331

<後日談>
このオムライスを食べた2日後の夕ご飯に、オムライスを作りました。

 

ON&OFF
住所:鬼北町小松110-1
営業時間:9:00~19:00(木曜、第2日曜日定休)
電話番号:0895-48-0459

菊池睦

宮崎県で生まれ、埼玉県で育ち、石川県で学生時代を過ごし、東京都で社会人を送っていたある日、めぐりめぐって四国中央市富郷町に移住。フットワークの軽さを武器に愛媛どころか四国中を東奔西走しているところ。