こってりなのに何杯でもイケる!?松山市にあるラーメン「一興」で「こってりこく味」ラーメンを食べてきました!

はい、こんにちは。今日私が訪れたのは、

松山市で展開するラーメンチェーン店「一興」(いっこう)です。

何やら「こってりなのに何杯でもいける!?」ようなラーメンがあるとか。

早速行ってみたいと思います。

ラーメンいっこう全景

というわけでやってまいりました。

今回は松山市内店舗の中の鷹子店です。

この立派な看板が目印です。写真からはわからないため、補足ですが駐車場も10台以上完備ですよー。

menu1 menu2

店員さんの元気のいい接客で気持ちよく店に入ります。いいお店は接客もいい。

これは期待大です。

二枚目がぼやけていますが、一枚目がラーメンのメニュー。

ぼやけている二枚目がサイドメニューです。

「こってりだけど何杯でもいける!」という噂を聞いていたのは、「こってりこく味」(¥750)です。

「自家製香油と辛みそをプラス」という素敵なお品書きに迷わず注文です。

ra-menn

というわけで、「こってりこく味」リングインです!

いかがですか?真ん中に辛味噌が鎮座したこの美味しそうないでたち。

とんこつの食欲をそそる香りが穏やかに主張してきます。それでは、いただきます。

su-pu 1

何よりもみなさんに伝えたいのはこのスープ。

コクがあるのはもちろんこってりとした味の強さがあります。

しかし、しつこくはけっしてなく、こってりなのに濃厚というよりは「あっさり」に近いお味。

じつは私このお店5回以上利用しておりますが、お腹が減っていようがいまいが、全て“替え玉を召喚”しております。

そのくらい、こってりなのにスルッといけちゃうんですよね。

su-pu

ごちそうさまでした。

この写真、実は到着時のスープの写真と比べていただくと、

全く色が違うことにお気づきになりましたか?

鎮座する辛味噌が少しずつスープに溶けてまた味に少しずつ変化が出てくるんですよね。

何杯でも食べてるラーメンはみなさんを飽きさせない工夫もばっちりでしたよ。

ぜひ、みなさんもこのラーメンを食べてみてはいかがでしょうか?

真鍋彰宏

愛媛に基盤を置きながら、空き家を利用した面白いこと。愛媛ソーシャル人マップを作りたいと考えているパンピー。プログラミングを勉強し始めました◎