どうも、火曜日のwadanyです。

巷ではキャンプシーズンがやってきたという事で、新居浜市にある「マリンパーク新居浜」でキャンプをしてきましたので、みなさんにご紹介します。

wadany
2年半くらい記事書いていますが、やっとキャンプ記事書きます(笑)

 

「マリンパーク新居浜」は新居浜市の東、マリンパークというだけに海側にあります。

写真では海水浴シーズンに向けて砂浜を整備していましたが、今はきれいな砂浜になっていましたよ。

全体図はこんな感じ。キャンプするときには図、右上の管理棟(クラブハウス)に受付をします。

受付時間は8:30~18:00(10月~3月は17:00まで)

ここが管理棟。受付以外にもシャワーが利用できます。(8:30~21:30)
テント、タープの持ち込み1張600円!!安すぎん??

wadany
ほんとこれには驚愕!
しっかりと管理されているところで600円は破格過ぎる。

薪や炭、着火剤などなどのBBQ用グッツ販売もしています。もちろん、BBQコンロなどの貸し出しもありますよ。(詳しくはURLから)

私は使いませんでしたが、備え付けのテーブルや野外炉も5時間500円で使用できます。(1時間延長毎に100円)

受付が済んだら、キャンプ場に行きましょう。管理棟前にリヤカーがあり、無料で借りられます。

キャンプ場近くまで、荷物の積み下ろしで一時的に車を着けることができます。

リヤカーでキャンプ道具を運びます。なかなかリヤカーがでかいので助かります。(運び終わったら元の場所へ戻しましょう)

キャンプエリアはこんな感じ。まずは西側。

トイレが近い(これ重要!笑)

洗い物ができる建物があったり

ビーチバレーができたり(笑)

炭捨て場があったりと便利です。(可燃ごみなどは各自持ち帰らないといけないようです)

東側は管理棟(シャワー)が近い。

遊具があったり。西側と比べてかなり広々としているので、こっちも良いですね。

悩んだ結果、私は西側を選びました。便利も良いし、海も見えて景色が良かったので。
平日で行った時期も早かったので、貸し切り状態でした(笑)

wadany
受付で「なるべくキャンプ場内の電灯の近くにテント張ったほうがいいよ~虫が多いから」
と言われて、電灯の近くにテント張りましたが、大正解でした。明るいので少し雰囲気は出ないですが、虫は強い光に集まるので、被害に合わず済みました。
いやほんと、飯食べられる状況にならなかったと思う。

直火・焚き火NGなので、バーナーで調理しました。
焼くのは新居浜名物「えび天」

 

炙るだけなのに、お酒がぐいぐい進みます。
スーパーで売っているので、新居浜でキャンプする際にはぜひ。

ちなみに近くで食べ物を買えるところはローソン多喜浜店。車で5分くらい。徒歩はオススメしません。

あとは、ザ・ビッグ松神子店。車で6分くらいかな。大型のスーパーなので、食材関連ならなんでもそろいます。

wadany
こだわらなければ、コンビニで売られている温めたらいいだけのものとかが、簡単で凄くいいです。

キャンプ飯を食べて、ほろ酔いになった後は就寝するためにシャワーを浴びます。21:30消灯なので。
シャワー室は管理棟内1F自販機の奥から行けます。(写真の右手奥。立ち入り禁止の看板のところ)

シャワーは温水10分100円。私は10分でも大丈夫だったかな。

wadany
キャンプ場として価格も安いし、設備も良かったしで満足でした。
駐車場が22:00で閉まるので、22:00以降は人がくる心配もないですし。
(逆を言えば、22:00以降は車で移動できないけど)ただ、3時ごろ?近くに漁船が出ていたのでその音で眠れませんでした。
たまたまかもしれませんが・・・テント張る場所を東側にすれば解消されるかな?

 

この夏、「マリンパーク新居浜」でデイキャンプだけではなくて日帰りキャンプやBBQ、海水浴など楽しんでみてはいかがでしょうか。

マリンパーク新居浜

営業時間:

マリーナ  4月から9月まで 8:30~18:30 10月から3月まで 8:30~17:00
研修室  9:00~22:00
宿泊室  チェックイン 16:00、チェックアウト 9:00
レストラン  11:30~15:00、17:30~22:00
海水浴  7月、8月の2か月
キャンプ場  通年
多目的広場  8:30~21:30
イベント広場 8:30~21:30

定休日:

火 曜 日(祝日の場合は翌日) ただし、7月1日~8月31日は無休
(ハーバー、クラブハウス及びレストランは除く)
年末年始(12月29日~1月3日)

電話番号:(0897)46-4100

HP:マリンパーク新居浜 HP

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事