【一食一善プロジェクト2018協賛店紹介】八幡浜市の離島にある「大島テラス」で食べた「島カレー」が超最高のコスパだった!

こんにちは。
八幡浜市を愛し、八幡浜市に愛された男。(後半は過剰な表現です)
そう、四国中央市在住の菊池です。

今回も特別編として八幡浜市の「一食一善プロジェクト」の参加しているお店を巡りご紹介します。

この記事で紹介するのは八幡浜市の離島である大島にある「大島テラス」さんの「島カレー」です。

まずは大島について簡単にご紹介します。
愛媛県には人が住んでいる3つの大島があります。

ひとつめは、しまなみ街道も通っている今治市の大島。
ふたつめは、新居浜市から渡船で渡る大島。

そして3つめが今回紹介する大島です。

実はKITONARUでは大島を何回か紹介していまして、以前の記事はこんな感じです。

非日常を満喫できる!新しく誕生した「大島テラス」の「島カレー」を食べ、島内散策を楽しんできました!

八幡浜にある「いやしの楽園 大島」。非日常を味わう“いやし旅”に行ってきました!

じゃあ、なんで今また大島の記事を書いているのかって?

KITONARUはライターの個性が他のメディアよりも多く出ています。
特に菊池に至っては美味しいもの食べて美味い!!とか書いてばっかりなので、「KITONARUで美味いってばっかり書いてる人!」とホントにマジで言われています。

というわけで、まったく説明をしていない気もしますが、菊池が見て菊池が食べた大島の島カレーをご紹介します。

大島行きの船は八幡浜港といってもフェリー乗り場とはちょっと違うところから出港しています。
具体的にはどーや市場の裏側です。

DSC_2198

あ、せっかくだし菊池が書いたどーや市場の記事も見てくださいね。
美味いもの食べて美味い!!って書いてある記事です。

八幡浜フェリーのりばすぐ!漁港も魚市場もすぐ隣だから美味しい!八幡浜みなっとにあるどーや食堂で最高級海鮮丼「特選海鮮どーや丼」をいただく!

待合室がありますが、出航30分前から船に乗れるので乗り遅れないように乗ってしまいましょう。
ちなみに乗船券は船内で買うシステムです。
当日中に帰るのであれば、往復券がお買い得ですよ。

DSC_2201

船内には椅子席の他に靴を脱いでのんびりできるスペースもあります。

DSC_2213

八幡浜港を出港して2分くらいで港内をでると、エンジン音が変わって全力運転。
その後20分弱航行して、あっという間に大島に到着です。

DSC_2207

DSC_2209

DSC_2214

船には菊池のような観光の方もそうですが、大島で暮らす人たちの生活物資も多く積み込んでいたのが印象的でした。

船から下りると目の前にあるのが大島テラスです。
こちらは2018年8月にできたばかりの施設で、大島観光の拠点になっているだけでなく、船の待合室や食事処「島カフェ」も兼ねています。

観光で大島に来たら基本的にはまずここへ行きましょう。
当然ですが、船が到着した直後の12時前くらいが一番混雑します。

大島テラスにはこんなメニューが。

DSC_2216
安い!

 

失礼を承知で書けば、離島の観光地の食事ってもう少しお値段張ると思っていました。

聞けば、この島カフェは確かに観光客の食事処ではあるのですが、同時に地域の人たちの憩いの場でもあるとのこと。
なので、飲食物の持ち込みも基本的にはOK。
漁師さんが仕事終わりにつまみ持参でビールを飲みに来ることもあるのだとか。

たとえいい材料を使っていても、あんまり高いと地域の人が使いにくくなってしまうので、手頃な値段で押さえているそうです。

非常に頭の下がる方針ですね。
ここはお金を使って食事をして応援したいです!

ということで、本来の目的である島カレーを注文。
そして次の瞬間に着皿!

DSC_2231

実は、菊池がお邪魔することを事前に伝えていたので、準備してくれていたのです。
ありがとうございます。

だからといって、贔屓な記事は書けませんよ!
公平公正な記事を書く。それが菊池のポリシーですから。

カレーはシンプルな甘口で、具材はジャガイモと人参と玉葱。
極めてオーソドックスなカレーといえます。

ではいただきます。

DSC_2236

あー美味いわー

このカレーは決して飛び抜けて何かがすごい!というものではありません。
しかし、実家に帰ったときに食べるカレーのような、とても暖かみのある味といえます。
ただ、トッピングがあります。

サザエです。

サザエっててなんとなくですけど、高級でお高いイメージがあるのですが、この島カレーにはのっています。

ではこちらも。

DSC_2235

美味い!!

歯ごたえバッチリのサザエがこれでもかと言うほど乗っていて、口の中へ磯の香りが流れ込んできます。
現金ながら急に「さすが離島は海鮮のレベルが違うぜ!」と思ってしまいました。

しかし、カレーがとてもシンプルにまとまった味なので、サザエと喧嘩することなく見事なまでにマッチング。

そうか、それでカレーは控えめだったのか…。
恐るべし策略。

ちなみにご飯の上の緑色のやつは大島特産の青のりです。

大島に来たら、このカレーはMEF(マスト・イート・フード ※今作った造語)ですよ。

DSC_2240

ごちそうさまでした!
さて、カレーに大満足した菊池は、せっかくだしと帰りの船を一便見送って大島観光をすることにしました。
でもそれはまた別の記事で。

 

<寄付つきメニュー>
島カレー 500円 (税込)
大島に新しくできた「大島テラス」内で提供されている一番人気の「島カレー」です。

<寄付先団体と1食あたりの寄付金額>
冬桜祭
10円

<基本情報>
〒796-8060
八幡浜市大島2-117-1
0894-28-1033
9:00〜17:00(食事メニューの提供は11:00〜)
定休日 火曜日・年末年始(祝日の場合は翌日)

※大島への船は1日3往復です。時間を十分に確認の上、渡航してください。

 

ーーーーーーーーーーーーー

▼一食一善プロジェクト2018の詳細はこちら
http://www.minatto.net/archives/7079

▼チラシのダウンロードはこちら
https://goo.gl/aS8TQ7

▼イベントに参加表明して盛り上げよう!
https://www.facebook.com/events/312893239564672/

▼ハッシュタグ「#一食一善」で参加しよう!
#一食一善 と付けてSNSで投稿ください。

▼本プロジェクトは、平成30年度愛媛県NPO法人育成支援事業(地域協働推進活動助成)の助成を受け実施します。

https://tumugu-info.blogspot.com/2019/01/2018.html

菊池睦

宮崎県で生まれ、埼玉県で育ち、石川県で学生時代を過ごし、東京都で社会人を送っていたある日、巡り廻って四国中央市富郷町に移住。いまんとこ「菊池商店 巡り廻る」の店主なんかもやってます。