四国中央市にある「熱烈タンタン麺 一番亭」の「スーパータンタン麺」はどの辺がスーパーなのかを徹底検証してみた!

こんにちは。
食事家の菊池が、今週もホットでフードな水曜日の記事を四国中央市からお届けします。

この季節、菊池は地域で草刈りを日がな行ってることが多く、体はバキバキです。
エンジン刈払機をずーっと使っていれば、わがままボディの筋肉が悲鳴を上げることは必然ですね。

そんな日はちょくちょく市街地の温泉に行きます。

こちら、「湯あそびひろば 三島之湯」さんです。

DSC_0800

ほとんどシャワーで済ませてしまう自宅と違って、肩までどっぷり湯に浸かると気持ちがいいものです。
お湯の種類も豊富で露天風呂もあるので、重宝しています。

でも、ごめんなさい。
今回は「三島之湯」さんののご紹介ではないんですよ。

ひとっ風呂浴びてその足でよく足を運ぶのが同じ敷地内にある「熱烈タンタン麺 一番亭」さんです。
駐車場が共通なので、車を移動させずに入店できてとても便利です。

早速入店。
温泉とセットが菊池流なので、結果的にだいたい夜に行くのですが、平日のランチタイムに行くとおにぎりがサービスで食べられます。
腹ペコはそっちも狙え!

DSC_0802

さて、店名の通り、タンタン麺がメインのお店で、ラインナップもこんな感じです。
これ以外にもラーメンやチャーハン、ちょっとしたおつまみやお酒もあるので、ちょい飲みや二次会でも使えそうですね。

菊池もビールを飲みたいところですが、運転代行をお願いするよりも市街地で一泊した方が安い運命のため、ビールは我慢です。
その分、料理に集中できると考えることにして、涙をぐっと押し込みました。

そんなどうでもいい事情はさておき、タンタン麺の上位版(だと思っている)菊池的定番の「スーパータンタン麺」をオーダー。
一緒に餃子も注文しました。

DSC_0804

オーダーが出てくる前に、サービスでもやしのナムルがいただけます。
くそう!うまい!
ビール飲みてええ!!

しかし、飲酒運転ダメ絶対。
そして、食事代の5倍かかる帰宅or宿泊費用を考えると、ここは我慢して5回食べたいのは世の常です。

心折れそうになりながらも悠久とも刹那とも取れる時間を過ごせば着丼です。

DSC_0805

ミンチ肉、ニラ、もやし、ネギのタンタン麺の具材カルテットが、特製の辛味唐辛子を贅沢に使った灼熱色の湖から顔を出し、その湖の奥底には黄金色の麺が待っています。

DSC_0808

辛いのが苦手な方はやめといた方がいいです。
普通のタンタン麺やラーメン類もとても美味しいので、そちらをぜひ。

ちなみに、スープは飲めないけどミンチ肉は食べたい!方もご安心を。
世の中便利なアイテムがあるもんです。

DSC_0811

メニューにも書いてありましたが、3度食べるとやみつきになる、と。
そう、すでに菊池はやみつきになっているのです。

味?

もちろん、美味い!!ですよ。

どう美味いかって?

美味いは美味い以外に表現しようがないでしょう!
(やみつきになった人の意見です)

DSC_0809

辛味とともにゴマの香りがするスープがマイルドさを引き出してくれています。
夏は汗だくになりますけど、この時期はそこまで心配しなくてもいいでしょう。

一緒に頼んだ餃子(写真は1.5人前)はこちら。
パリッと焼けた皮と一口で食べられるサイズが、また食欲をそそります。

DSC_0812

食べ始めたらやっぱりすぐなくなっちゃうよね。
ちなみに、熱烈タンタン麺一番亭さんは大洲にもお店があります。
そちらの記事もあります。

・大洲インター近く!強烈な赤!激辛好き必見!!「熱烈タンタン麺一番亭大洲店」の「スーパータンタン麺」に挑戦してみた!

やはり、スーパータンタン麺になりますよね!

人類は、タンタン麺に収束するのでしょう。

DSC_0813

ごちそうさまでした。

あれ?徹底検証してない?
ま、美味しかったしいいか。

 

○熱烈タンタン麺 一番亭
住所:四国中央市三島中央1丁目234-1
営業時間:11:00~翌2:00(日祝は翌1:00まで、水曜定休)
電話番号:088-632-9688

菊池睦

宮崎県で生まれ、埼玉県で育ち、石川県で学生時代を過ごし、東京都で社会人を送っていたある日、めぐりめぐって四国中央市富郷町に移住。フットワークの軽さを武器に愛媛どころか四国中を東奔西走しているところ。