「そのまま、きまま、ありのままに生きていきたい」井上葉月さん

 「一度しかない人生、楽しんで生きましょう」

!cid_15e464de00dd1e09b282

いつもおしゃれな井上葉月さん。

毎回お会いすると、新しいことを思いつき、やり始めておられる気がします。

上段写真の伊方町イメージキャラクターのサダンディートートバッグも最近、制作されたものだそう。

井上さんは”ままに”として、ほっかむりやバンダナー、サダンディーグッズなどを主に町内で販売。

道路脇の壁に生えている苔をキャンバスに、絵を描く「苔物語」の拡散、イベント出店など、多方面に活動されています。

ちなみに”ままに”の名前由来は、「そのまま、きまま、ありのまま」と、素の自分でありたいと言う思いがあるそうです。

ものづくりのルーツ

小さい頃からものづくりが好きで、高校生の時に雑貨屋さんになりたいと思い始めた井上さん。

一度目の地元就職や車での旅、福岡の雑貨屋での就職(接客販売)を経験し、

10年ほど前に地元に帰ってお勤めをしながら、実用的なものを作りたいと制作したエプロンやTシャツが”ままに”の原点になっているとの事。

自分が楽しいこと、面白いことをして生きていきたいという井上さん。

「今後やりたいことはなんですか?」と質問すると、

”利用できそうなのに、使われていないもの(もったいない)”を有効活用して、新しい価値を生み出していきたいと仰いました。

伊方町を訪れるときは、井上さんの「思いの詰まった商品」や「苔物語」に触れてみてはいかがでしょうか?

*井上さんの商品は、伊方町内の道の駅などで購入することができます。

CYMERA_20170104_220928

一問一答

Q  伊方町の好きなところ
A  都会と違い、小さな町なので、人とつながりやすいし、自由に動けるところ。

Q  伊方町を良くするには?
A  個人でも、法人でも、もっと積極的にやりたいことをやってみる。やってみる事に慣れる。やることが当たり前になる。そんな町だと面白いなと思います。あと、新しいことをやる事を温かい目で見守る町づくり。

Q  今後の目標は?
A  苔物語が遠くの町にも広がること、自分でも見た人の琴線にふれるようなものを描きたいと思います。

Q  あなたが知っている頑張っている人
A  小林文夫さん、久保紗知さん(9*6)

 

<DATA>

名前  井上葉月さん
生まれ 昭和57年生まれ
出身  鹿児島県出身
好きな食べ物  さつま芋

 

関連記事

まさに日本の美、わび・さびの趣!”苔物語”

大澤 龍太朗

滋賀県出身。龍谷大学国際文化学部を卒業する。 航空自衛隊の広報官を経て、退官後に伊方町の地域おこし協力隊となる。 現在は、NPO法人佐田岬ツーリズム協会に出向し、地域の観光振興業務に従事している。