こんにちは。砥部町に家を買い、町民歴は2年にも満たない土曜日のやま子です!!

そんな町民としては“ひよっ子”な私が初めて「ココロ踊る♪春の砥部焼の祭典✿第36回砥部焼まつり2019」に行ってきましたので、みなさんにご紹介したいと思います。

砥部焼まつりとはなんぞや?

愛媛県伊予郡砥部町で作られる、全国的に有名な焼き物「砥部焼き」(とべやき)。

4月と11月の年2回開催される人気の陶器市です。

訪れる来場者数は、なんと10万人を超えるそうですよ!!

期間中は「砥部焼き」が通常の2~8割引きほどお得な価格で10万点ほど出品しているそうです。

チラシ引用:砥部町観光協会より

砥部焼まつりのココが凄い!!

ポイントを3点にまとめました!!

① 砥部焼が体育館いっぱい!!にぎやかに砥部焼が見たいなら断然。第1会場の「砥部町陶街道ゆとり公園」

② 趣きがあり、ゆったりまったり砥部焼きを学びたいなら砥部焼伝統産業会館が入場無料!第二会場の「砥部焼伝統産業会館」「砥部町商工会館」

③ 夜はライトアップした砥部焼で第1会場メインストリートを優しく照らします「光のアートLumine~ルミネ~」

今回は第1会場をレポートします。

それでは、張り切って行ってみましょう!

砥部町陶街道ゆとり公園の入場ゲートです。

ゲートをくぐると、即売会会場の体育館へと続くメインストリートの屋台が賑わっています!

揚げたてで香ばしくガツンと満足の「横須賀海軍カレーパン」

テントでも砥部焼きが販売されています。

即売会会場の体育館前にあるはスターバックス。なんと砥部町からの出店者です。

梅山窯の伝統模様である唐草模様をあしらった「砥部焼きマグカップ」を販売しています。

このマグカップは愛媛県内スターバックス8店舗で限定販売のレアモノ!

七折の梅のゆるキャラ「ななうめちゃん」と、砥部町の「とべっち」。愛媛県内のゆるキャラがいっぱい来ていてテンションあがりました。

ゆるキャラでパッケージされたうまい棒もココでもらいました。

ついにやってきました、即売会会場!

入口で配布された配置図ですが....これだけ多数の出店ブースです!!

「梅山窯」の焼き物「紺色の唐草模様」が砥部焼のイメージとして強いのではないでしょうか?

こちらは、うって変わって若い女性目線で作られた砥部焼の「すこし屋」

窯元さんによって砥部焼の形・絵付け・手触りなどそれぞれで、見ていて興味深いです。

会場の賑わいがすごかった!流石焼き物の町 砥部町が誇る即売会ですね!

砥部町で年に2回行われている「砥部焼まつり」。

秋の「砥部焼まつり」でもしっかりレポートしますのでお楽しみに!

砥部焼まつりの会場情報
第1会場(20日は9時~20時、21日は9時~17時):砥部町陶街道ゆとり公園(愛媛県伊予郡砥部町千足400番地)
※光のアートLumine~ルミネ~は4/20の夕方~20時
第2会場(9時~両日17時まで):砥部焼伝統産業会館(愛媛県伊予郡砥部町大南335番地)
砥部町商工会館(愛媛県伊予郡砥部町大南394番地)
※両会場とも無料駐車場あり、会場間の無料バスあり。

参考ページ

四季の美-SHIKINOBI-:https://shikinobi.com/tobeyakimatsuri

砥部町観光協会:http://www.tobe-kanko.jp/news/2014/03/000006.html

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事