愛媛はやっぱりみかん県ですね!!小さい頃は父のみかん畑で遊び、収穫を手伝っていました、やま子です。

我が県の窓口として外せないのが松山空港ですよね。

飛行機が空港に到着し、ターンテーブルから流れてきた荷物を受け取る。

到着ロビーを進みこれから愛媛の町に繰り出すため、空港出入口の自動ドア横に、私たちを温かく出迎えてくれるシンボルタワーがあります。

その名も...

「みかんジュースタワー」

なかなか趣向を凝らしたオブジェなのでご紹介します!

ライトアップされたパネルに青空と、海と、そしてみかんの木とともに描かれている文字。

「ようこそ、かんきつ王国 愛媛へ」

愛媛県はかんきつ類の収穫量と品目数がともに日本一のかんきつ王国なのです!

(※2019年5月21日更新 愛媛県庁かんきつ類の統計より)

 

まずは向かって左側。

松山空港イメージキャラクター

「まっくう」

まっくうは松山空港の新ターミナルビルと2500メートル滑走路の供用開始20周年を機に、一般公募し、215点の中から選ばれました。

飛行機をモチーフにした明るくあいきょうのあるデザインで、色合いと形状は愛媛特産のみかんをベースにしています。

「尾翼」部分は松山が舞台の小説「坂の上の雲」にちなみ、雲を表現。

 

続いて右側。

愛媛県イメージアップキャラクター、我らが

「みきゃん」

みきゃんはデザインが決まった後に一般公募して決まりました。

ミカンと子犬の鳴き声の「キャン」や前向きな姿勢を表す英語の「can」の意味を含んでいるとのこと!

両者とも、空港のイメージからか雲に乗っています。

一番の注目すべきは、蛇口からみかんジュースが流れているかのようなグラスタワー。

これ、実は本当に水が流れています!

水がグラスタワーを流れ、穴の開いたミカンオブジェに流れることにより、よりリアルにミカンジュースが流れている様子を演出しています。

このみかんジュースタワーの横には「いよ観ネット」の看板があり、QRコードを読み込むと

愛媛の観光案内が見えるようになります。

私はよく飛行機は利用するのですが、空港を見渡し気づいた愛媛の「おもてなし」でした。

ぜひ皆さんも、みかんジュースタワーをじっくりと観てみたら面白いですよ!

 

〇愛媛県庁かんきつ類の統計

https://www.pref.ehime.jp/h35500/kankitsu/toukei.html

〇みんなの航空新聞(まっくうについて)

https://airportnews.jp/headline/824/

〇愛媛県庁 みきゃんのプロフィール

https://www.pref.ehime.jp/h12200/mican-kanzume/profile_mican.html

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事