皮ごと食べれる青いレモン使用!梅錦の「岩城島の青いレモン酎」を飲んでみた!
dav

こんにちは。

今回は、愛媛県越智郡上島町出身の友人からいただいた

梅錦 岩城島の青いレモン酎」をご紹介。

 

岩城島特産「青いレモン」の果汁たっぷり、爽やかなレモン・リキュール

 

瀬戸内海に位置する岩城島は「青いレモンの島」のキャッチフレーズで知られるとのこと。

その青いレモンをたくさん使ったこのリキュールです。

 

気になるお味はいかに?

ネット情報によると、こんな感じで紹介されてました。

レモン果汁のすがすがしい香りが立ち上り、口に含めばレモン独特の爽やかな酸味とビター感、果糖の柔らかな甘味が広がります。

個人的な感想は、ちょっぴりビターな感じが第一印象で入ってきます。

レモンリキュールのわりに、甘いお酒という感じはあんまりなく、甘いお酒が苦手な方でも飲めそうかなという印象。

 

おすすめの飲み方は?

こちらもネットで調べてみると、このように出てきます。

「爽やか!」という言葉がぴったりの味わいは、ストレート、ロックなどお好みの飲み方で楽しめますが、暑い季節には1:1で割ったソーダ割りがおすすめ。

なるほど。

暑い季節には、ソーダ割りが美味しそう!!

今回いただいたのは真冬だったので、ソーダ割りではなく、少しお湯で割って飲んでいました。

正攻法の飲み方ではないような気もしますが、お湯で割ると、青いレモンのビターな感じがより引き立てられて、いい温まりながら飲めるのでおすすめです!

 

皮まで食べることが出来るという「青いレモン」を感じることが出来る「岩城島の青いレモン酎」

夏でも冬でも楽しめる、またフルーツ系のリキュールが好きな方でも、甘いお酒が苦手な方でも飲めそう!

と、比較的多くの方に好まれそうな「岩城島のレモン酎ハイ」を一度試してみてはいかがでしょうか?

 

●商品詳細

  • アルコール度数 12度台
  • 原材料 レモン果汁、焼酎、醸造用アルコール、果糖
  • 容量1800m 税込価格2,200 円 本体価格2,000 円
  • 容量720ml 税込価格1,205 円 本体価格1,095 円
  • Amazonや楽天市場等でネットから注文も可能

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事