こんにちは。

お盆といえば...お墓詣りや家族孝行も大事ですが、愛媛に帰ってくる友人と久しぶりに会うことがとても楽しみなやま子が今日もお伝えします!

遠方からお洒落な友人が松山市の道後に遊びに来るので、「女性が喜びそうな落ち着きあるお店」を探しました!

それが、レトロモダンなカフェ空間「道後の町屋」

市内電車の道後駅から道後商店街の中を進んで行くと…味わい深い屋根とランプが目印の侘び寂びある建物が見えます。

外国の方にも分かりやすいよう「DOUGONOMACHIYA」と英語表記。さすがおもてなしの町  松山!

真鍋さんの記事でもご紹介させていただいたこともある名店です!

こちらの記事では「瀬戸内鯛カツバーガー」をご紹介しています。

私が気になったメニューは「湯のまちバーガー」(税込¥1170)です。

目玉焼き・パテ・チェダーチーズ・レタスを挟んでいます。

こちらはドリンクメニュー。ドリンクで目を引いたのは・・・「杏仁ラテ」(¥580)

入り口にメニュー表そっくりのミニチュアがありました。可愛い!

まずは入口にあるカウンターにて注文します。テイクアウトも可能です。

こちらがメニューです。

ちなみに入口にはハンドメイドのピアスなどのアクセサリーが売っていたので、友人との待ち合わせまでの時間も楽しめました!

注文後、通り庭を抜け、奥座敷へ進みます。

通り庭の入り口と、奥座敷の入り口は両方とも自動ドアでしたので配慮が行き届いていますね!

大正末年の建物を改装して作られた古民家風のお店。

旧の道後郵便局舎と奥は局長宅でした。

内装は数十年眠っていた和道具を蔵出しし、往時の暮らしぶりが分かるように心がけているとのこと。

お庭が見える席に着きました。

外では猫も水を飲んでいて微笑ましかったです。

お庭を見ながら友人と談笑していると、そう時間も経たないうちに

「湯のまちバーガー」と「杏仁ラテ」が到着しました!

「これが湯のまちバーガーの断面図だ!」

なんと自家製パンだそうです!!断面からもわかるフカフカさ。

パテは国産の牛・豚を使用しています。

ソースはテリヤキソースとキノコマスタードの2種類から選べますが、私はテリヤキソースにしました。

ナイフとフォークで上品に召し上がれ。

「道後の町屋」のココがポイント!

①ハンバーガーがボリューム感あり、うまい!

②自家焙煎の珈琲は丁寧にハンドトリップし、こだわりがある

③ハンドメイドのアクセサリーやお皿など雑貨も取り扱っている

④離れもある店内。窓から趣のある景色にほっとする時間。

いかがでしたでしょうか?
道後でゆったりとした時間を過ごしたいなら「道後の町屋」で間違いなしです!
「道後の町屋」の情報
住所:愛媛県松山市道後湯之町14-26
電話番号:089-986-8886
定休日:火曜・第2水曜
営業時間:10:00~21:00
フードストップ:20:00
ドリンクストップ:20:30
ホームページ:http://www.dogonomachiya.com/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事