こんにちは!

私のスポーツ経験といえば、阿波踊りの練習。ぴょんぴょん跳ねすぎて上品さに欠けた踊りでよく注意されていたやま子です。

 

今回は初めてのインタビュー記事を皆さんにお届けしたいと思います。

アーチェリーで世界を目指す!松山東雲高等学校アーチェリー部キャプテン 
「目指すはオリンピック」檜垣 亜子さん(17歳)

皆さん、愛媛県にアーチェリーの国体出場選手が数多くいることをご存知でしょうか?

アーチェリーは70m先の的に矢を当て点数を競う競技です。中心に近づくほど高得点で、一番高得点の10点である黄色部分はCDほどの大きさだそうです。

もともと愛媛県は「高校にアーチェリー部がない唯一の都道府県」でした。

ここは松山市のロープーウェイ街にある中高一貫の女子校「松山東雲中学・高等学校」。

2007年に愛媛国体開催が決まった際、県内の高校にアーチェリー部をつくろうという動きになり、松山東雲中学・高等学校にアーチェリー部が創部されました。

使っていないプール場の敷地に、畳屋さんから使い終わった畳を無償で持ってきていただき、芝生も種から栽培し、先生や保護者会の協力を受けながら自分たちで今のアーチェリー場を造ったそうです

アーチェリー部の練習場はなんと松山城へ続くロープーウェイ乗り場のすぐ側にあります。

小学3年生から成人競技に参加する大人まで幅広い年代が一緒に練習しています。

愛媛国体があったこともあり、県の補助を受け韓国での練習経験を経て、ますます実力を付けている松山東雲高等学校アーチェリー部。

毎年選手権大会などに出場するようになり、「アンダー17 ナショナルチーム」という未来のオリンピック選手のための日本選抜メンバーも数多く輩出しています。

毎年国体・インターハイに参加している 松山東雲高等学校アーチェリー部のキャプテン 檜垣亜子さん世界を目指す意気込みを聞いてきました!

アーチェリーを始めたきっかけや思い出エピソード

やま子
亜子さん、よろしくお願いします! どういったきっかけでアーチェリーを始めたのでしょうか?

亜子さん
小6のとき友人からアーチェリー教室に誘われたことがきっかけでアーチェリーを始めました。純粋に的に矢が当たることが楽しかったです。

やま子
今までの中で一番印象に残った試合は?

亜子さん
高校1年生のときの岐阜でのインターハイです。初めて出た大きな大会だったのですごい緊張しましたが、みんなと出場していい思い出になりました。
アーチェリーに懸ける思い

亜子さん
成績があまり伸びない時とかしんどいときもあるけれど、それでもアーチェリーを続けちゃいますね。注意されたそのときは「え?」って思うこともあるけど、それを乗り越えた先にチームの一体感を感じることがありました。引退して大学生になっても、愛媛に帰ってきてアーチェリーをやりたいです。幅広い歳で、同じ場所でやっているところはそんなにないからすごいなって思う。愛媛県にはアーチェリー日本一の学生がいます。スポーツをもっと盛り上げたいです!まずは広げてアーチェリーを盛り上げて、知られることが大事だと思う。
世界を目指す松山東雲高等学校アーチェリー部 
アメリカ強化合宿を賭けたクラウドファンディングへの挑戦!!

アーチェリー部は遠征や合宿で仙台や熊本、島根など全国を周り、その勢いは国内に留まらず韓国でも「オリンピックに挑戦できる実力をつけるために」本場のコーチに直接ご指導いただき、鍛錬を重ねています。

今後の展開は「クラウドファンディングに挑戦し、アメリカの強化合宿に参加すること」

クラウドファンディングは2019年11月6日(午後11時)の募集期間に渡航費・宿泊費・指導料など合計360万円のご支援が必要です。金額が未達の場合、支援金は受け取れません。

アメリカでは科学的で合理的な練習方法を実施しています。それを直接、指導していただくためクラウドファンディングに挑戦します!

やま子
クラウドファンディングに挑戦とは凄いですね!!愛媛県でアーチェリーをもっと盛り上げオリンピックに出てもらうため、若い学生に広い世界を見てもらうためにもぜひ行って欲しいです。

亜子さん
韓国に行った時、世界の技術を学んで刺激になったので、アメリカに行きたい..行きたいですね!

 

スポーツで愛媛県を盛り上げようとしている未来ある少女たちに、世界を見てもらうチャンスのご協力よろしくお願い致します!!

クラウドファンディングのページはこちらから↓

 

 

 

 

 

https://readyfor.jp/projects/ShinonomeArchery

 

最後にツーショットを撮らせていただきました。

ここまではスポーツに一生懸命なキャプテンの姿を執かせて頂きましたが、

疲れて帰った時に思いっきり「スナックなどのお菓子を暴食する」一面もあるとのこと。

遠征や練習などで遊ぶ時間が中々とれないそうですが、ほっこりとしたエピソードやはにかむ笑顔に女子高生らしさを感じました。

やま子
亜子さん、インタビューにご協力いただき有難うございました!

【プロフィール】

  • 名前:檜垣 亜子(ひがき あこ)
  • 所属:松山東雲高等学校3年生 アーチェリー部キャプテン
  • 好きなこと:食べること・音楽を聴くこと(大好物はメロン!試合前に聴く曲はJポップのバラードです♪)
学校法人松山東雲学園 松山東雲中学・高等学校

住所:愛媛県松山市大街道3丁目2-24

電話番号: 089-941-4136

ホームページ:https://www.she/highsinonome.ac.jp/sitchool/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事