こんにちは。
何週にもわたって八幡浜市の記事ばっかりなのでうっかり忘れてしまいそうですが、四国中央市在住の菊池です。
とか、書いておきながら今週も八幡浜市の記事をお届けする水曜日となりました。

前回までの記事、ちゃんと読んでくれましたか?
今回の記事は独立しているものではありますが、このあたりの記事と一緒に読んでもらった方がより面白いと思いますので、まずはぜひそちらから。

↓このあたり

さて、八幡浜市の離島である大島で島カレーを食べたあとに、せっかく来たしいろいろ見ていこうと思って自転車を借りて大島を堪能した、というのが今回の記事です。

しかし!

実のところ、KITONARUでは同じコンセプトの記事がすでにあります。
こちらです。

ではなぜ、今更感のある内容をあえて記事にするのか。

人にはそれぞれの視点があります。
同じ場所で同じものを食べても、感じ方は人それぞれ。

そんなわけで、今回は「菊池が見て感じた」大島をお届けします。
大島に到着して島カレーを堪能したところまでは上記の記事を読んでいただければと思います。

一服したところで時間は13時。
帰る船の時間は13時30分か16時40分の2本。

30分ではさすがに遠出は難しいと思ったので、3時間40分後の便で帰ると決めました。

大島テラスでレンタサイクルの手続きをして自転車を借り、まずは南方向へ向かって出発!

この日は初夏の暖かい日……ではなく、真冬の寒い日で、天気も快晴……とは言いがたく雨が降りそう(というか、ときおりパラついていた)天気でしたが、ウインドブレーカーと手袋のおかげで快適!

DSC_2242

大島の道路はこのくらいのサイズで、島の方の移動手段はほとんどは徒歩か自転車です。
すれ違うごとにご挨拶をしていただいたことが印象的でした。

5分も走ると島と島を結ぶ橋が見えてきます。
一本道なので間違えることはないのが安心ですね。

DSC_2246

橋の手前が大島、奥が三王島です。

こんな看板もあります。

DSC_2249

ここが佐田岬半島宇和海県立自然公園の大島であることを示す看板です。
「佐田岬半島宇和海」ってよく考えたらすげえ広いですね。

「Oshima Island」じゃ大島島じゃなかろうかと野暮なことも考えてしまいましたが、「O Island」じゃよくわからんですものね。
かといって「Oshima」だけだと、今度は英語圏の方が島であることがわからないことになって何のための英語表記なのか…。

時間がたくさんあるので、こんなどうでもいいことにも時間をかけて考えてしまいます。
その看板の隣には三王神社があります。
もちろんお参りしていきました。

DSC_2251

DSC_2262

さらに進むと次の橋があります。
ここは三王島から地大島へ渡る橋です。

DSC_2255

天気が良かったらインスタ映えとかしそうなのですが、この日はごらんのような天候の上、風が非常に強く、もしかしたら吹き飛ばされるんじゃなかろうかと心配になりながら渡りました…。

さらに進むとエンジェルロード、いわゆる「干潮前後の時間だけ道ができて歩いて島へ渡れる」ところがあります。
ちょうど時間もあっていたのでラッキーでした。

DSC_2264

このエンジェルロードの時間は大島テラスでだいたいの目安を教えてくれるので、出発前に教えてもらっておきましょう。

自転車を止めて歩いてみました。
左右両方から波が来るって珍しいですよね。

この先にある島は貝付小島というそうです。

逆に満潮の時間はどうなっているのかも気になりました。
もうすぐ突き当たりになりますので、一気に進みましょう。
龍王神社です。
そしてその奥にはため池があります。

DSC_2269

小さな島ですので、水源となる池はかつては貴重だったのではないでしょうか。

DSC_2274

さて、道路があるのはここまで。
ということで折り返しましょう。

実は途中の大島から三王島に渡る橋の直前に分かれ道があります。
この道を三王島へ行かずに大島の裏側へ向かって進むと、実はすごい場所があるのです。
それがこちら!

DSC_2276

ただの岩じゃないんですよ!

https://kunishitei.bunka.go.jp/bsys/photolist.asp

このように文化庁のデータベースにも登録されている国の天然記念物なのです!
この岩というか「このあたりの地質」ですが。

詳しくは文化遺産オンラインをご覧いただくのが確実かと思います。

http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/207213

端的にいうと、超珍しいので貴重!
現地には解説の看板もあるのでぜひ現地で見てください。

DSC_2275

そして大島テラスへ戻ってきました。

あとは大島テラスの北側ですが、こちらは島の方が住まわれている住宅街。
道も狭いですので、自転車から降りましょう。
もちろん、生活圏にお邪魔しているわけですから、ご迷惑のないようにしましょう。

DSC_2279 (1)

あとは船の時間まで大島テラスでコーヒーをいただきまったりとした午後を過ごしました。

またね大島!

 

○大島テラス(レンタサイクルを借りた場所)
住所:八幡浜市大島2番耕地117-1
電話番号:0894-28-1033
営業時間:7:00 〜 17:00(火曜定休。定休日も待合室としては利用可能)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事