こんにちは。
美味しいものには目がない結果、結局最近は食レポばっかりになっている四国中央市の菊池です。
ま、今回も食レポなんですけどね。

反省はしない!

さて、記事でもおわかりだと思いますが、西条市にあるかつ丼の名店「ごかく」さんはご存じでしょうか。
KITONARUでもwadanyさん真鍋さんがレポートしてくれているお店です。

東予東部では学生時代から通う人も多い、ソウルフードだとも言われているそうですね。
しかし、こちらは移住者の菊池。
四国中央市に、というか四国に住んでまだ2年と3ヶ月ほど。
ソウルフードと言われてもピンときません。

なら行くしかない!

自分の目で見て、舌で味わってみたい!

そう思うのは必然ではないでしょうか。

そんなわけで一路西条市へ。

JR駅から少々離れていますが、歩いて行けない距離でもありません。
この、うだるような暑さでなければJR線で行ったり、駅前に車を止めて商店街を散歩がてら行くのも悪くないなと思います。

まあ、暑いんでやりませんでしたけども。

さて到着。

ずっとここにあるであろうたたずまいは、一見では入りにくいかもしれません。

あと、うな丼・唐揚げの文字が気になります。
昔はメニューにあったのでしょう。

そうはいっても、こののれんをくぐればそこに美味いかつ丼があることは約束されているわけです。

たのもー!

14時過ぎに伺ったのですが、偶然目の前であいた1席を除いて満席でした。
ランチタイムは過ぎているのに何という人気。

メニューはこちらです。


wadanyさんの時から少々値上がりしていますが、物価は常に上がっていく世の中です。
それに美味しいものが食べたいという欲求に「この値段で食べたい」というものを持ち込むのはよくないと思っています。

私はこのかつ丼が食べたい!
店主はこの値段で提供する!

イコールで結ばれていると言えます。

メニューは基本型と呼ばれる「かつ1枚」+「ご飯普通盛」+「卵1個」+「トッピングなし」と、それぞれの部分を増量したもので構成されています。

卵2個なら「ダブルエッグ」に、ご飯大盛りなら「スーパー」になるという仕組みです。
とはいえ、この名称で呼ばなければオーダーが通らないわけではありませんので安心してください。

今回の菊池はご飯と卵は基本のままで、カツを「ダブル」に、トッピングにチーズとキムチをお願いしました。

待つ事数分。
着丼です。

先のお二人も書いていますが、大きな焼き海苔、そしてたっぷりかかった青のりが特徴的です。
あと、画角の都合で見えていませんが、たくあんがのった小皿もあります。

ではいただきます。

みてください。
チーズと絡み合うとんかつ。

かつはたっぷりの割り下を吸い込んで、サクサクと言うよりはシットリとした味付け。
おそらくは割り下を吸い込む事をあらかじめ織り込んでのカツなのでしょう。

青のりの磯の香りが食欲をより引き立てます。

そしてキムチ。

意外でした。
キムチってかつ丼に合うんですね。

ようやく、菊池も東予東部のソウルフードであるごかくさんのかつ丼を堪能できました。

美味い!!!

ごちそうさまでした。

 

〇かつ丼市場 元祖ごかく本町店
住所:西条市本町1-9
電話番号:0897-53-8513
営業時間:11:30~14:30/17:30~20:00(月曜定休)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事