【今週末開催】あじさいが見頃!四国中央市で開催される2つの“あじさい”イベントを見に行こう!

こんにちは。
四国中央市への旅を誘うナビゲーターの菊池です。

え?初耳。
まあまあ、いいじゃないですか。

ともあれ、今回は今週末に四国中央市で行われる2つの「あじさい」のイベントをご紹介します。
超時期ものの記事ですね。
平成30年6月24日以降に見ても、来年までお待ちくださいになってしまう記事を、何のためらいもなく書く&公開!それが可能なのがKITONARU!

ありがとう編集長!

さて、まず一つ目は菊池の住む富郷町で開催される「嶺南あじさい鑑賞会」です。
嶺南(れいなん)というのは、四国中央市旧伊予三島市の山間部にある「金砂(きんしゃ)町」と「富郷(とみさと)町」をまるっとまとめて呼ぶときの呼称です。

ところで、南側の山を挟んで高知県は嶺北と呼ばれています。
嶺南の南が嶺北とはまた面白いものですね。
嶺南は法皇山脈に対して南側、嶺北は四国山地に対して北側にあるからでしょう。

そんな豆知識はさておき、イベントのご紹介です。

嶺南あじさい鑑賞会は、その名の通りあじさいを観賞する会です。
場所は下長瀬あじさい公園と、その名の通りあじさいの咲き誇る公園で行われます。

DSC_4277

まだ満開ではありませんが、この写真は平成30年6月17日に撮影したものです。

開催日時は平成30年6月24日(日)の10時から15時で、雨天でも決行します。

基本的には下長瀬あじさい公園のあじさいを観賞する会ですが、ステージイベントがあったりバザーがあったりします。
なお、菊池はバザーで焼き鳥を焼いてますので見かけたら声をかけてくださいませ。

ちなみに、嶺南地域の入り口である法皇トンネルを抜けたところから、新居浜市別子山にかけては「あじさいロード」と呼ばれており、15キロに渡ってあじさいが約3万株植えられています。
最寄りの高速道路のICである、三島川之江ICからは、法皇トンネルを除いて片側1車線以上はあるので、運転も楽々。
会場には駐車場も会場隣にばっちり用意されています。

銅山川の川沿いの公園ですので、天気がよければ川遊びなんかもできますよ。

DSC_4242

DSC_4273
詳しくは四国中央市観光協会のページをご覧ください。

 

さて、続いてご紹介しますのは「新宮あじさい祭り」です。
こちらも先ほどの「嶺南あじさい鑑賞会」と同じく平成30年6月24日(日)に開催で、時間は10時から16時です。
場所は新宮中野あじさいの里という所で、あじさいが山の斜面1帯に2万株ほど植えられています。

DSC_4280

こちらは斜面に植えられているので、上や下から眺めるのがおすすめ!
上から見やすいようにモノレール(有料)も整備されています。
今年はリニューアルした新型が活躍してくれています。

このモノレールのおかげで、山の上まで歩くことなく上がれるだけでなく、モノレールのレール両脇に咲くあじさいも堪能することができます。

詳しくは新宮あじさい祭りのホームページをご確認ください。

どちらも同日におこなれるイベントですが、イベント日以外もあじさいを見ることはできますので、当日都合が悪くても前後なら…というかたもお待ちしています!

ぜひ、どちらのイベントにも足を運んでください!

DSC_4285

DSC_4284
ただし!
どちらも山間部ですので、以下のことに十分ご注意ください。

●嶺南地域について
・営業しているガソリンスタンドはありません。市街地の給油所までは約15キロほど離れています。
・路線バスをはじめとする公共交通機関はありません。

●新宮地域について
・路線バスは新宮地域の中心部までで、会場まではさらに約5キロほど離れています。
・新宮地域中心部から会場までの国道319号線は、多くの区間で離合ができない1車線が続きます。
・駐車スペースが少ないため、駐車に時間がかかる場合があります。

●その他
・嶺南地域と新宮地域は国道319号線で結ばれていますが、約25キロに渡り非常にカーブが多く、下の写真のように離合ができない1車線が続きます。カーナビが行けと言っていたとしても、いったん市街地を経由してくることをおすすめします。

DSC_4279

 

○嶺南あじさい鑑賞会
会場:四国中央市富郷町寒川山(下記の地図を参考にしてください)
開催日時:6月24日(日)10時~15時
問い合わせ先:0896-28-6069(四国中央市嶺南公民館)

○新宮あじさい祭り
会場:四国中央市新宮町上山3322(上山簡易郵便局)付近
開催日時:6月24日(日)10時~16時
問い合わせ先:0896-28-6187(四国中央市観光交通課)

菊池睦

宮崎県で生まれ、埼玉県で育ち、石川県で学生時代を過ごし、東京都で社会人を送っていたある日、めぐりめぐって四国中央市富郷町に移住。フットワークの軽さを武器に愛媛どころか四国中を東奔西走しているところ。