こんにちは。
今週も四国中央市の菊池が水曜日の記事をお届けします。

ここんとこ、菊池は松山へよく行っていました。
出張だったり研修だったりプライベートだったりいろいろな理由ですが、週2~3回くらいで行っていたこともありました。
いくら松山が同じ県内だとはいえ、菊池の住む四国中央市富郷町からはどんなに高速道路を(法定速度の範囲内で)ぶっ飛ばしても片道1時間半はかかります。
決して近くない。

菊池
と、書いておきながら、東京で会社員をやっていたときは通勤が片道1時間半だったことを思い出た……。

決して近くはないのですが、どうせ行くなら新しいお店を発掘したい!

幸い、松山やその近郊には友人も多くいますので、お店情報をいただいたりします。
しかし、今回ご紹介する「ラーメン食堂 ろくの家」さんは、偶然にも目の前を通って「あ、ここだ」的に滑り込んだお店でした。

こういうビビッと来るお店はだいたい当たるのが菊池Powerです。

この「替玉10円」の看板に惹かれた可能性もかなりありますが。

さて、早速入店してメニューを拝見。
店舗外観から豚骨系のラーメン屋さんであることはわかっていましたので、やはりここは名物の「六黒」を注文。

ただ、この日とってもお腹がすいていた菊池は、がっつり食べたい気分。

定食か!?

それともセットか!?

いろいろ悩みましたが、「炙り肉肉ごはん」というパワーワードに気付いてしまうともうそれしか目に入らず、セットの4番(唐揚げ付き)を選択して注文。

しばし待機。
豚骨ラーメンは細麺のため、できあがりまでの時間はセットメニュー側に委ねられます。
ふと、店内を眺めていると、ラーメンを組み合わせない定食や一品料理、アルコール類も豊富にラインナップされていました。
ラーメン食堂とはいいながらも、普通の食堂としてや、居酒屋としても利用できるようなメニュー構成になっていて、幅広い人から幅広い用途で使われているのだなぁと思いました。

そんなことを考えていたらあっという間に着セット。

炙り肉肉ごはん。

唐揚げ(ブラックペッパー使用)。

そして、黒六。

勝ったな。

カロリーとか健康とかそういうのはあとで考えればいいと思うのです。
食べたいときに食べたいものを食べる。
なんという幸福感でしょうか。
食べる前から(気持ちは)お腹いっぱい。

いただきます!

まずはやはりなんといっても麺。
この麺は全粒粉麺だそうで、公式ホームページによると……

食物繊維や鉄分、ビタミンB1などが豊富で、栄養価が高く健康志向の麺

だそうです!

つまり、食べれば食べるだけ健康になれるって話。
やったぜ!

ジューシーな唐揚げは衣にブラックペッパーが混ざっていて、ピリッとしたアクセントが素敵です。

そして、炙り肉肉ごはん。
角切りとバラ肉が甘辛いタレで混ざり合っていて、それに加わったお焦げ部分が一気に食欲をそそる一品です。

さあ、そしてスープを残しておいたどんぶりに……

替玉(10円)を!!

イン!!!!

美味い!!!

あなたに出逢えたこのキセキ 沢山沢山ありがとう

こっち台詞だよ!

ごちそうさまでした。

〇ラーメン食堂 ろくの家 松山椿店
住所:松山市居相3丁目2-2
電話番号:089-914-8666
営業時間:11:00~24:00

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事