話題の「いきなりステーキ」が愛媛県初上陸!120%堪能するコツを西条の新店からお届けします!

こんにちは!
水曜日担当の食事には一切の妥協をしないことでおなじみの菊池です。

 

本日は四国2店目にして、愛媛県初となるステーキチェーン店「いきなりステーキ フレスポ西条店」が新規オープンしたので、さっそく行ってきました!
「いきなりステーキ」は菊池が今年の3月まで住んでいた東京都では結構あっちこっちにあって、それなりに通っていましたが、四国のにはこれまで徳島県にあった1店舗しかありませんでした。
そのため、いくら四国中央市が県内で最も徳島に近いとはいえ、食べに行くたびに片道120キロをかけていたのです…。(でも食べにはいってた)

それがなんと!

我が愛媛県の、しかも東予は西条に出店されました!!

東予は四国中央市在住の菊池としては、これはもうチェキラ!です。

さっそく行ってきました!

▲いきなりステーキ フレスポ西条店
▲いきなりステーキ フレスポ西条店

糖質制限ダイエットをしていた(!!)時期には、結構なペースでお世話になっていたことが思い出されます。
※糖質の高い付け合わせのコーンを糖質の低いブロッコリーに変えてもらうとよりGOODです。

そのときの記録がこちらです。

▲モバイル会員になると記録が残ってあとで見返すことができます。
▲モバイル会員になると記録が残ってあとで見返すことができます

結構ハードに通っていた記憶が蘇りますね。

さあ今回の記事は、お肉を3,000グラム以上食べるとなれるゴールドカードを保有していて、20,000g食べるとなれるプラチナカードまですでに折り返しているハードユーザー(だった)菊池が、「いきなりステーキ」初心者のあなたでも誰よりも楽しめるポイントをお届けします。

 

今回は平日の昼間の12時半ごろに行きました。
それでもすでに店舗から溢れる待機客の方々。
注目度の高さを物語っていますね。
もちろん何ら躊躇せずに並びます。

並ぶこと数十分、とうとう店内に案内されました。

ところで、「いきなりステーキ」といえば「立ち食い」のイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
いろいろな媒体の記事なんかでも「立ち食いステーキ店」として紹介されることも多くあることもまた事実です。

「立ち食いスタイルはちょっと…」と思っている方、それは思い込みです!
確かに黎明期はほぼ全店舗が立ち食いスタイルでした。
しかし、徐々に座席が増えてきて、今回オープンしたフレスポ西条店では、全席に座席が用意されていますのでご安心下さい。
ちなみに菊池1人で行きましたが、団体でも一緒の席に案内してくれるようですので、こちらも安心です。

さて、いよいよ入店。
まずは座席に案内されますので、着席しましょう。
店員さんからメニューの説明があったりもします。

今回行ったランチタイムに圧倒的にオススメなのが今回も注文した「ワイルドステーキ」です。
ざっくりいうと赤身肉のステーキです。
日本人はサシ、つまり霜降り至上主義な気がありますが、赤身こそ肉々しさを感じられる部位だと思っています。

▲ランチメニューは定量カットですが、部位を選んで指定グラムにカットしてもらうこともできます。
▲ランチメニューは定量カットですが、部位を選んで指定グラムにカットしてもらうこともできます。あとハンバーグも意外とオススメ!

夜ですと、まずは肉を切ってもらうこところからスタートですが、ランチタイムは最初からセットになっているメニューも多くあるので、初めての方はまずはランチメニューをご賞味頂きたいところです。

注文したのはワイルドステーキの450グラム。焼き方はウェルダンでお願いしました。
お店的なオススメはレアのようですが、菊池は「肉はウェルダン」派です故、自分のお好みに合わせて頼みます。

しばし座して待てば焼きたての肉塊が出て参ります。

▲今回注文したのはワイルドステーキ450グラム
▲今回注文したのはワイルドステーキ450グラム

 

▲とっても素敵なウェルダン
▲とっても素敵なウェルダン

ここで!!
とっっっても大事なことがあります!!!

テーブルに置いてあるホットソースに注目してください!

▲初心者は見逃しがちなこのポットに入っているホットソースに注目して下さい!
▲初心者は見逃しがちなこのポットに入っているホットソースに注目です!

鉄板は熱々ジュージューな状態で出てきますが、ホットソースは熱々の鉄板にかけられることを想定した味になっています。
つまり、まずは切って、塩こしょうで肉本来の味を楽しんで、それからホットソースをかけて…などと悠長なことをしている場合ではないのです。

まずはなににおいてもホットソースを“鉄板に直接かける”ことが大切です。
ポイントはお肉ではなく鉄板にかけることです。
するとあっという間にグツグツになってお肉に絡みつきます。

▲こうすると…
▲こうすると…

 

▲こうだ!!!
▲こうだ!!!

切って食べるのはこのあとで良いのです。

好みによりますが、この食べ方は圧倒的にオススメです。

テーブルには塩やこしょうのほか、ワサビ、カラシ、ニンニクにタバスコなんかが置いてあります。
好きなもので食べるといいでしょう。

▲豊富な調味料でお好みの味を楽しめます
▲豊富な調味料でお好みの味を楽しめます

また、同様に置いてある“甘口ソース”ですが、これを使うポイントは肉を半分以上楽しんでからかけることです。
味のバリエーションが一気に広がりますよ。

冒頭でもちょっと書きましたが、「いきなりステーキ」には、ポイントカードの肉マイレージ(肉を何グラム食べたかを記録してくれる)システムがあります。
3,000グラムまではノーマル、3,001グラム以上20,000グラム以下はゴールド、その上にはプラチナやダイヤモンドというクラスもあります。
菊池はいまゴールドを折り返している(つまり累計10キロ以上は肉を食べた)ところですが、ゴールドカードを持っていると毎回ソフトドリンク1杯がサービスされます。
なのでいつもトクホの黒烏龍茶をもらっています。

健康にもきっと良いはず!

▲サービスはゴールドカードの特典ですが、ノーマルでも注文することができます。
▲サービスはゴールドカードの特典ですが、メニューにもあるので誰でも注文はすることができます

この他にも、誕生日月には300グラムのステーキをごちそうしてくれたりする太っ腹なシステムですので、この機会に入会しても良いでしょう。(回し者じゃないよ!)

ともあれ、これまでは徳島まで片道120キロくらい走って食べに行っていた「いきなりステーキ」が東予にできたことは誠に僥倖です。
ご近所という訳ではさすがにないのですが、ちょくちょく通えそうです。やったね!
ごちそうさまでした。

ph10

菊池睦

宮崎県で生まれ、埼玉県で育ち、石川県で学生時代を過ごし、東京都で社会人を送っていたある日、めぐりめぐって四国中央市富郷町に移住。フットワークの軽さを武器に愛媛どころか四国中を東奔西走しているところ。