濃厚なタレと具が混ざり合う!四国中央市の「やったろうじゃん」で「まぜそば」を堪能しちゃおうじゃん!

あけましておめでとうございます!
昨年も色々ありましたが、今年もどうぞよろしくお願いします。(端折りすぎ!)

さあ、新年。
気持ちも新たにグルメリポートに邁進していこうと思います!
※あくまでKITONARUはグルメリポートのサイトではない……はず!!

というわけで、新年1回目の水曜日も、いつも通り四国中央市の菊池がお届けします!
そうはいっても新年ですから、お年玉欲しいですよね。
今回の記事とは関係ありませんが、菊池からのお年玉ということで、四国中央市が誇る翠波高原での初日の出の模様もちょっとお届けします。

残念ながら雲が厚くご来光は拝めませんでした!
残念ながら雲が厚くご来光は拝めませんでした!

見えない!!
でもまあいいのです。
そのあとで翠波高原を降りた金砂湖の湖畔にある四国中央市役所嶺南支所での振る舞いもしっかり堪能したので!!

猪肉たっぷりの猪鍋の振る舞いを頂きました。
猪肉たっぷりの猪鍋の振る舞いを頂きました。

生活圏内でこんな美味しい料理が味わえるとは…!
東京で暮らしてた時代はとても考えられないですね。

お年玉おしまい!
さてさて、本題へ移りましょう。
四国中央市は香川県、高知県、徳島県と隣接しています。
その中の2県、高知県と徳島県は山を越えて行きます。
しかし、香川県は山を越えることもなく国道11号線を走っていればあっという間です。

香川県、それはうどん県。

うどん県と、特に山を超える必要もなく国道が続いているということはつまり、四国中央市もそれなりにうどん屋さんが多いということです!
実際のところも「ちょっと小腹が空いたぜ→うどん」のコンボはちょくちょく決めています。

そうなってくるとうどん充ではあるのですが、蕎麦やラーメンも食べたくなるのが男心というモノではないでしょうか。
特に菊池は東京暮らしが長かったので蕎麦は生活に欠かせない食べ物でした。
東予の美味しい蕎麦屋さん知ってる方、ご一報お待ちしています。

で、もう一つの日本人大好きフードであるラーメン。
残念ながら菊池大好き横浜家系や二郎系のお店は松山まで行かないとない悲しみ。
この悲しみに大きくうなずいてくれる人も絶対にいると信じています。

そんな悲しいラーメン事情(といいながら、前回の記事はラーメン)のなか、オススメしたいのが今回ご紹介するお店です!

四国中央市の川之江青果協同組合さんの敷地にある「やったろうじゃん」さんです。
検索すると野球漫画の他はこのお店しか出てきません。
また横道にそれますが、このお店の向かいにバッティングセンターがあるので、野球したい方は食後にどうぞ。

今日は本題までが長い!!
もういい加減本題に入らないと編集長から怒られそうです。
この「やったろうじゃん」さんの柱メニューは3つ。
らーめん、つけ麺、僕イケm……まぜそばです!!

どれも非常にレベルが高く、そこそこ通える方なら順番に食してもらいたいのですが、菊池がリピートしているのは「まぜそば」です。
今回はその「まぜそば」をご紹介します!!

注文したのは「明太まぜそば」。

名前の通り明太子がのっかっているまぜそばです。

注文したら着丼を待ちましょう。
このお店、ランチはほぼ満席状態になるのですが、厨房の手際が良いのでしょう。
サクッと出てきます。
これも嬉しいポイントですよね。

1231ph03

こちらです。
着丼時に店員さんから「よく混ぜてからお召し上がり下さいね」と説明されると思います。
「まぜそば」ですので混ぜましょう。

混ぜるとこうなります。
1231ph04
さあ、いよいよです。
食べましょう。

1231ph05
無論、感想は一つ。

うまい!

しかもランチタイムは麺の大盛りがサービスな上、ごはん(大・中・小から選べる)もサービスです。
なんというクレイジーなサービスなのでしょう。

麺+ごはん。
炭水化物の嵐が胃袋の中に吹き荒れます。

でもまあ、美味しいんで気にせず食べましょう。
どうしても気になるのなら、あとで運動すれば良いだけの話ですし。

ここでワンポイント。

麺が残っているときにごはんを全部食べないでください。
麺を全部食べ終えたときに、たれと具が少し丼に残っているのがベストです。
そしたら!!

ごはんを!!!

丼に!!!!

ぶちこめ!!!!!

1231ph06
濃厚なたれと具がごはんと混ざり合い、麺を食べ終えた幸福感を、一つ上のステージへ引き上げてくれることでしょう。

うまい!!!

 

ごちそうさまでした。

 

1231ph07

 

やったろうじゃん
住所:四国中央市川之江町446-1 川之江青果市場内
営業時間:11:00~14:00/18:00~22:00(日曜定休)
TEL:0896-59-1119
アクセス:松山自動車道三島川之江ICから車で5分/JR予讃線川之江駅から2km

菊池睦

宮崎県で生まれ、埼玉県で育ち、石川県で学生時代を過ごし、東京都で社会人を送っていたある日、巡り廻って四国中央市富郷町に移住。いまんとこ「菊池商店 巡り廻る」の店主なんかもやってます。