優しいラーメンを食べよう。「らーめん工房 りょう花」で定番の「塩らー麺」を食べてきた!

こんにちは。
水曜日担当の菊池です。

豪雨により県内は大変なことになってしまっています。
幸い、菊池の住む四国中央市富郷町は大きな被害はありませんでした。
これから、何かと支援が必要になってくると思いますが、水曜日の記事は平常運転でお届けしようと思います。
どこかしらに、いつもの日常は必要でしょうから。

さて、本日ご紹介するのは「らーめん工房 りょう花」さんです。
過去、KITONARUでは2回「りょう花」さんの記事をお届けしています。

が、よく考えれば一番オーソドックスなやつを紹介してないじゃないか。
そんなわけで、今日は「りょう花」さんの定番メニューである「塩らー麺」をご紹介です。

決して、ネタに困って家から3番目に近い飲食店(12キロくらい離れてはいる)である「りょう花」さんに駆け込んだわけではないので、そこんとこお間違いのないに!
菊池は、皆さんにこのラーメンを紹介したいのです!!

「りょう花」さんといえば、特徴的なのが平打ち麺です。
その麺の秘密は、お店のメニューと一緒に紹介されているので、注文してから着丼までの間に見てみるといいです。
このほかにも、スープやチャーシューについてのこだわりも記載されています。

DSC_4507

あっという間に着丼です。

丁寧な盛り付けにもこだわっていることがわかると思います。
特徴的なのは中央のネギに寄りかかる「すだち」ではないでしょうか。

DSC_4511

「りょう花」さんのすだちは徳島県産の逸品を使っているそうです。
このすだちが、優しい味わいの塩スープに酸味をもたらしてくれるのですが、そこま大きく主張しているわけでもありません。

一方で、このすだちを存分に味わいたい方向けには「すだち塩らー麺」というメニューもあります。
こちらは1食にすだちを2.5個も使っている、まさにすだち好きのためのラーメンと言えるでしょう。

さておき、頂くことにします。

この平打ち麺は、東予ではなかなか味わえない歯ごたえです。
県内でもここまでしっかりした平打ち麺を出すお店はあまり多くはないと思います。

DSC_4512

続いてはチャーシュー。
写真ではしっかり箸でリフトアップしていますが、歯ごたえ系のチャーシューではなくホロホロに煮たタイプのチャーシューです。

DSC_4514

そしてすだち。
スープに漬けたままじっくり酸味を染み出させてもよし、軽く絞ってもよし、カプッと食べてもよし。
お好みで味わうといいと思います。

DSC_4517

最後にこの透明な塩スープ。
前回の超絶辛かった攻撃力とは真反対の、優しさにあふれた味わいです。

DSC_4522

トータル的には、まあこういう表現になります。

うまい!!

菊池は食事家ではありますが、批評家ではないので美味しければそれでいいのです。
何を食べても美味しい、素敵なことですよね。

ごちそうさまでした。

DSC_4523
あ、そうだ。
お会計の時にキャンペーンのカードを頂きました。
何やら、食べたメニューのスタンプを押してくれて、それでビンゴをやるとのこと。

これは他のメニューも試してみなければ!

DSC_4526

 

○らーめん工房 りょう花 伊予三島店
住所:四国中央市中曽根町字生吉1712-1
営業時間:11:30~14:30/18:00~21:00(定休日:火、第3水)
TEL:0896-23-1356

菊池睦

宮崎県で生まれ、埼玉県で育ち、石川県で学生時代を過ごし、東京都で社会人を送っていたある日、巡り廻って四国中央市富郷町に移住。いまんとこ「菊池商店 巡り廻る」の店主なんかもやってます。