飛べ!宇宙へ!!四国中央市「ロケットうどん」にある「焼きうどん」が大気圏を突破するぐらい美味しかった!

みなさんこんにちは。
四国中央市にその人ありと言われたような気がしないでもない、水曜日担当の菊池です。

さて、今日は“四国中央市の宇宙センター”(※)こと「ロケットうどん」さんへ行ってきました。
※この記事書きながら思いつきました。スイマセン。

「ロケットうどん」さんは名前の通り、ロケットが店舗に鎮座している……のではなくて、ご主人が種子島のご出身だから命名されたそうです。

▲でっかい釜が目印です
▲お店の目印はロケットではなくでっかい釜が目印です

種子島といって思いつくのは、「銃ご予算で作ります(じゅうごよさん→15(じゅうご)4(よ)3(さん))→1543年火縄銃伝来」で覚えた火縄銃の伝来と、宇宙航空研究開発機構ことJAXAの種子島宇宙センターではないでしょうか。そして、種子島宇宙センターといえばロケットの発射場です。
ちなみに、JAXAの公式サイトによれば、世界一美しいロケット発射場だそうです。

▲店内にはロケット発射や…
▲店内にはロケット発射告知や…
▲種子島が舞台となったアニメのポスターも貼られています
▲種子島が舞台となったアニメのポスターも貼られています

そういえば、子供のころに実家のテレビでロケット発射の中継を見た記憶が思い出されてきました。

そんな名前の由来を持つ、「ロケットうどん」さんには、ひとつの名物メニューがあります。
それはズバリ「焼きうどん」です。

とりあえずお店に入りましょう。
以前にも書きましたが、うどん屋さんにおでんという、愛媛県では定番らしいものの、移住者の菊池にはなかなか敷居が高く手を出せないアイテムもちゃんとあります。
他のお客さんを観察していると、「席に案内される→おでんを何本か取ってくる→食べながら注文」という流れのようです。
いつか美味しく食べたい……!

▲いつかは気楽に食べたいおでん(移住者談)
▲いつかは気楽に食べたいおでん(移住者談)

さて、今回はその名物の焼きうどんを注文します。
するとまずこのような木下駄が置かれます。
この木下駄はこれから来る焼きうどんからテーブルを守るためのアイテムだと考えてもらえればOK。

▲長年、テーブルを守ってきてくれた木下駄師匠です。
▲長年、テーブルを守ってきてくれた木下駄師匠です。

上級者の方はおでんを食べながら、初心者の僕らはソワソワしながら待ちます。

着鍋。

▲真ん中にうどん。その回りを区材が囲む、これは太陽系であると断言できるかもしれません。
▲真ん中にうどん。その回りを区材が囲む、これは太陽系であると断言できるかもしれません。

見てもらえればわかりますが、真ん中に卵が鎮座しております。
これはオプションで、卵なしのメニューもありますが、圧倒的に卵ありをオススメします。

というのも、お気づきですか?
鉄鍋で焼きうどんが出てくるんですよ!

もはや鍋焼きうどんといっても過言ではありません。
※鍋焼きうどんはちゃんと一般的な鍋焼きうどんとして別のメニューであります。

木下駄が置かれているということは、もちろんそれなりに鉄鍋はアツアツということです。
鉄鍋が熱いうちに卵を崩してしまいましょう。
するとアツアツの鉄鍋と生卵が出会うことは必然です。
加えて、牛肉、キャベツ、イカの具材も素晴らしく、味付けのソースと絡み合っています。

▲ちなみにキャベツ大盛りというオプションもあります。
▲ぷりぷりのイカが惜しげも無く。ちなみにキャベツ大盛りというオプションもあります。

このマリアージュはまさしく、大気圏を突破するために第一宇宙速度で加速するロケットの如く、いつの間に手の届かないところへ行ってしまったのだろう。
あの、幼きころにテレビ中継で見たロケットのように……。
そんな気持ちになるかもしれません。
しかし!!

落ち着いて欲しい!!

実際のロケットをお箸で捕まえることはそうそうできませんが、うどんはお箸でしっかりとキープできるはずです。
さあ、胃袋という名の宇宙に、このうどんというロケットを連れて行こうではありませんか!!

▲つゆに浸かっていなくてもしっかりとコシのある麺です。
▲つゆに浸かっていなくてもしっかりとコシのある麺です。

うまい!!!

いろいろ遠回りしていますが、熱々の鉄鍋のうどんですから、そりゃあめっちゃ熱いです。
急いで食べると口の中が太陽フレアのようにチリチリになってしまうのでご注意を。
さあ、「ロケットうどん」さんで、ちょっとしたギャラクシーを感じながらうどんをたべようではないですか!

ごちそうさまでした。

 

○ロケットうどん
住所:愛媛県四国中央市豊岡町大町1425-1
営業時間:11:00~20:00、水曜定休
TEL:0896-25-2088
アクセス:松山自動車道土居IC約1.5km/JR予讃線伊予寒川駅から約1.3km

菊池睦

宮崎県で生まれ、埼玉県で育ち、石川県で学生時代を過ごし、東京都で社会人を送っていたある日、めぐりめぐって四国中央市富郷町に移住。フットワークの軽さを武器に愛媛どころか四国中を東奔西走しているところ。