自家製麺を使用!讃岐うどんの「がんば亭」で、夏バテしても美味しいうどんを食べてきた!

こんにちは。
一足早い夏休みを堪能させてもらった四国中央市の菊池が、今週も水曜日の記事をお届けします。

もう何度、同じことを目にしているかわかりませんが、今年の夏はいつになく暑いですよね。
四国2年目とはいえ、去年よりも暑いことはわかります。

こう暑いと、なかなか食欲も減衰してしまうのではないでしょうか。

おまえは減衰しないだろ、って?

そうでもないんですよね。
基本的に自炊生活の菊池ですが、なかなか暑いキッチンで料理を作る気にもなれず、てきとーに済ませてしまっていることも何回かありました。

KITONARUで菊池自炊日記を書いてもしょうがないので、そんな自炊する気がおきないくらい食欲がない菊池が、食べるならここでしょう!と食べに行ったお昼ご飯をご紹介します。

今回のお店はこちらです。

DSC_4840

東予民ならご存じの「がんば亭」さんです。
がんば亭さんは東予東部を中心に県内に11店舗を構えるチェーン店ですが、自家製麺が美味しいお店です。
天ぷらやおかず類も店内で作られているので、できたての味を楽しむことができます。

四国中央市内には2店舗があるがんば亭さんですが、今回はそのうちの1店舗へお邪魔しました。

入店しましょう。

DSC_4841

……。
やっぱりあるんですよね、おでん。

別に、菊池はおでん否定派ではありません。
おでん、美味しい。

ですけど、なぜうどん屋さんの最初におでんがあるのか。

どうにも慣れません。
慣れないというか、解せないのでしょうか。

だれか教えて欲しいものです。
きっとその疑問が解けたときに、うどんとおでんを同時に楽しめる日が来ると思いますので。

 

おぼんを持っておでんのコーナーを通過(おでんが欲しい人はお皿に取りましょう)したら、続いておかずのコーナーです。

ここでは定番の揚げ物以外のご飯ものや揚げ物なんかがおいてあります。
ただ、何がおいてあるのかはその時次第です。
お目当てのものがない可能性もあるので、気をつけましょう、

続いて、うどんコーナー。
店員さんに欲しい種類のうどんとサイズを申告します。

DSC_4842

今回は冷やかけうどんの大を頼みました。
暑いですからね。

ちなみに、寒いときの菊池のお気に入りはかやくうどんです。
冬は大抵かやくを食べていた気がします。

続いて揚げ物のコーナー。

DSC_4843

今回はありました!
菊池の大好物、鶏皮の唐揚げ。

鶏皮の唐揚げは鶏肉料理(唐揚げとか)を作ったあとに出た皮で作っている(と思う)ので、あるときとないときがあります。
菊池個人の意見ですが、あるときはマストでゲットします。

ほかにも天ぷら類が欲しければお皿かどんぶりにのせましょう。
トッピングではなくておかず扱いにする方が多いようなので、お皿にのせた方がいいかもしれません。

そしてお会計。

その後、お水を頂いたら、無料トッピングのコーナーです。
ここでは、うどん屋さんでは定番のネギや天かすを無料でいただくことができます。

他にも、マヨネーズや辛子など、トッピングやおかずにかけたい人もいるであろう様々なものが用意されています。

ほどほどに頂いたら着席。

DSC_4844

では頂きます!
うん。

週に2回は通っているだけあって、

美味い!!

美味い!!!

大事なことなので2度言いました。

DSC_4847

うどんは歯ごたえがしっかりしている讃岐系の味わいです。
また、冷やかけうどんの出汁もしょっぱすぎない味です。

長く関東に住んでいたので関東系のそばつゆの濃い味わいも好きなのですが、慣れてくるとこのうどんのつゆも美味しいものですよね。
むしろ、今回の帰省の際にも思ったのですが、関東系はもうすでにしょっぱいと感じる舌になっているかもしれぬ…!

ともあれ美味しく頂きましょう。

ちなみに、今回の訪問時は小サイズを大サイズにサイズアップしてくれるクーポン券を頂いていたので大サイズにしましたが、普段の菊池は中を食べています。
大だとけっこうお腹にたまりますので、初めての方は小または中がオススメです。

夜遅くまでやっているので、思わぬ出張で遠出した帰りの腹ごしらえなんかにも頼りになるお店です。
ごちそうさまでした。

 

○がんば亭 三島店
住所:四国中央市寒川町411-1
営業時間:10:00~24:30(L.O. 24:00)
電話番号:0896-24-2636

菊池睦

宮崎県で生まれ、埼玉県で育ち、石川県で学生時代を過ごし、東京都で社会人を送っていたある日、めぐりめぐって四国中央市富郷町に移住。フットワークの軽さを武器に愛媛どころか四国中を東奔西走しているところ。