常設展示だけで約3000点の資料数! 石鎚山のふもとにある「面河山岳博物館」へ行ってきました!

久万高原町は石鎚山の麓にある、面河山岳博物館へ行ってきました。
なんと、標高650メートル!
夏の暑い日に行きましたが、とっても涼しかったです。
DSC07959+

2階のエントランスホール、明るくて開放的!!
DSC07972+

「順路」の看板に従って右の部屋へ入ると、そこは常設展示室。
石鎚山系に生息する動植物や岩石など、自然についての幅広い内容が紹介されています。
DSC07976+
DSC07990+
DSC07992+
DSC08003+

お願いすれば、学芸員さんに説明していただけますよ。
DSC07973+
DSC07996+

エントランスホールへ戻り、中央の階段を登って3階へ。
左には、充実の図書・資料室があります。
ここで朝から晩まで過ごせますね~!
DSC08032
DSC08034+

そして3階の反対側。
石鎚山のパノラマや山岳信仰・登山史などの常設展と、特別展のスペースがあります。
記者が訪ねた際は「家の中のきらわれ生物~天井裏と床下の百鬼夜行~」の開催期間中でした。
DSC08035+

標本や写真などが、たくさん展示されていました。
が、あまり好きでない方もいらっしゃると思いますので、自粛いたします。
お役に立てそうなこちらだけ、文字でご紹介。
DSC08039+

常設展も、写真や登山グッズなどからたくさんのことを学べます。
石鎚山に登ってみたくなりました!
DSC08048+

展示を観終わったら階段を下りて、玄関横のお土産コーナーへ。
オリジナルグッズから書籍まで、充実の品揃え。
生き物がお好きな方には、喜んでいただけること間違いナシですね!!
DSC08009+
DSC08015+
DSC08016+
DSC08018+

石鎚山について、楽しみながら学びましょう~!
DSC07963+

 

*「久万高原町」公式ホームページ内「面河山岳博物館」
http://www.kumakogen.jp/site/omogo-sangaku/

浅倉 季音

保内町磯崎に在住。 2016年の夏に田舎へ戻り、区切りでの逆打ち四国遍路を歩き終えました。 磯津地区(磯崎・喜木津・広早)の素敵なトコロを中心に、愛媛の魅力をたくさんご紹介していきたいです。 みなさん、遊びにいらっしゃってくださいね!