「子どもたちへ命の大切さを伝えたい」岩田功次さん

時には空間をデザイン、時には地域の自然環境博士

Exif_JPEG_PICTURE

本業は看板・サイン等のデザイン業務、空間デザイン、未来デザインなどにも取り組まれている。

また自然環境保護活動にも非常に精力的に取り組まれていて、自然の調査や観察会なども定期的に行っている。

時には市内を流れる千丈川の水がなくなると、子どもたちと「生物救出作戦」を展開。子どもたちはいつのまにか命の大切さを学び、郷土愛が生まれるんだとか。

Exif_JPEG_PICTURE

そんな岩田さんのスマイルとサワガニやミヤマトンボなんかも一緒に会いに行こう!

 

Q.八幡浜をより良くするには?

A.デザインの啓発活動として、八幡浜に少しずついいものをつくっていきたい。

Q.あなたが思う八幡浜とは?

A.ふるさと。

Q.PRしたいことは?

A.大洲わくわく観察会(毎月第2日曜日朝9時大洲城集合)に5回参加すると、かわうその足跡の「カンバッチ」をプレゼント。

Q.あなたが知っている頑張っている人は?

A.陰陽座(おんみょうざ)ヘビメタバンド。5人中3人が八幡浜出身。

SANYO DIGITAL CAMERA

【 DATA 】

株式会社 八代サイン工藝
NPO法人かわうそ復活プロジェクト

〒796-8039 八幡浜市布喜川甲595-15
TEL 0984-27-0877
FAX 0894-24-3327
WEB http://naturevoice.jp/

 

本記事は、「八幡浜笑人」第1号(2009年発行)のアーカイブです。取材時の内容を掲載しておりますので、現在の状況とは変わっている場合がありますので、ご注意下さい。

浜田 規史

愛媛県八幡浜市生まれ。山口大学卒。 高校時代に商店街活性化を目的にしたお店「AKIND」(あきんど)を開店したことがきっかけで、地元が大好きになる。 大学卒業後、帰郷し地域金融機関に勤める傍ら、八幡浜を元気にすることを目的にした「NPO法人八幡浜元気プロジェクト」の代表、ローカルWEBメディア「KITONARU」編集長などを務める。