今治のソウルフード「焼豚玉子飯」と言えばここ!名店「白楽天」の「焼豚玉子飯のセット」を食べてきました!

こんにちは。
愛媛に引っ越してきてから2シーズン目の花粉の季節ですが、東京に住んでいた時と比べてほっとんど花粉症の症状が出ない四国中央市の菊池です。
理由はよくわかりませんがとにかくラッキーです。

さて、どんな地域であっても、その地域独特の食文化はあるものです。
どんな野菜が取れるのか、どんな保存の仕方をするのか、はたまたどんな調理をするのか。
なんであれ、その土地ならではの料理は食べてみたいものです。

今回紹介するのは今治市ではおなじみの“焼豚玉子飯”。
菊池が東京から移住してきて、初めて知ったのはたぶん高速道路のサービスエリアの食堂だったような気がします。

話は少しそれますが、高速道路のサービスエリアにあるレストランやフードコートって、結構その土地ならではのメニューが多いですよね。
ついつい高速道路を移動する旅は食べ過ぎてしまいます…。

今治には焼豚玉子飯を提供しているお店はたくさんありますが、その中でも有名店の「白楽天」(はくらくてん)さんへお邪魔してきました。

ph030401

1970年からということですから、実に創業48年です。

ph030402

これだけの間、営業をしているということは、地域でしっかりとした支持を得ているということ。
これは期待できそうです。

ph030403

メニューを一通り眺めてから、セットメニューを注文。
唐揚げ大好きの菊池ですが、実は揚げ餃子も大好きなので今回はCセットを注文しました。

ph030404

メニューの裏の食べ方を眺めながら、そのときを待ちます。
(ちょっとピンぼけしちゃってスミマセン…)

そして、着盆!!

ph030405

いやー、見てくださいよこの丼。
もはや芸術の域ではないでしょうか。

ph030406

“芸術とは、大衆の評価ではなく、自分がそれに向き合ったときどう感じるか。何かを感じれば、それがお前の中では確固たる芸術だ。”

菊池の師の一人はそうおっしゃっていました。
ちなみにその師は日本国憲法が専門の方で、芸術とかあんまり関係ない人ですが…。

しかして、卵の黄身を片方崩し、焼き豚、白米、そして甘辛いタレと混ぜる。
それを一気に口の中へ。

 

菊池が持てるすべての感覚でこの味を表現するならば……!!

うまい!!!

いやー、うまいよー。
美味いものを今日も食べられる幸せだー。

明日も美味いものを食べて幸せに過ごそう。
仕事や人間関係に悩んだら、お腹いっぱい食べましょう。
人間、幸せだとだいたいのことは許せるようになると思います。

ごちそうさまでした。

ph030408

 

○白楽天 今治本店
住所:愛媛県今治市常盤町4-1-19
営業時間:11:00~15:00/17:00~22:00
TEL:0898-23-7292
アクセス:JR予讃線今治駅から徒歩8分/今治小松自動車道今治湯ノ浦ICから約15分

菊池睦

宮崎県で生まれ、埼玉県で育ち、石川県で学生時代を過ごし、東京都で社会人を送っていたある日、めぐりめぐって四国中央市富郷町に移住。フットワークの軽さを武器に愛媛どころか四国中を東奔西走しているところ。